<< スウェーデン・フィンランド旅行... スウェーデン・フィンランド旅行... >>

スウェーデン・フィンランド旅行―2日目ストックホルム―

**こちらは、2013年4月に行ったスウェーデン・フィンランド旅行記です**

******************************************

4月26日(金)

2日目。

朝5:00起き~。 昨日は、”寝坊しないように・・”とか、”子供たちがベッドの下に
落ちないように・・・”とか考えて、目が覚めてしまい、寝れたような寝れなかったような・・・(笑)。

音をたてないように、支度をしてたつもりだったけれど、子供たちも雰囲気を察知したようで
起きてくれました。

チェックアウトをして、まずは、国際線から国内線へ移動します。
朝起きて、空港にいるってなんだか不思議な感じ。

バゲージカウンター手前のところにPLICE OFFICEがあったので、そちらで入国スタンプを
押してもらいました。 まだ旅行出発前なのに、もう帰ってきたような、なんだか不思議な体験でした。

朝6:00頃だというのに、空港は予想以上に人がたくさんいました。
みんな連休でおでかけするのかな??

朝早いので、絶対もう1度寝ると思ったのに、長女は頑張って起きてました。
次女は夢の中へ・・・。 そんなこんなであっという間にストックホルム到着。

空港から外へ出たら、吐く息が白くて、北に来たんだなぁ、と実感。
空港バスでストックホルム中央駅までは約40分。
バスを降りたら、風が冷たくて冷たくて。
ダウンを着て、しっかり着込んできたつもりだったけれど、めーっちゃめちゃ寒かったです。
ぶるぶる。

子供たちも寒い寒いとグズリ出すし(涙)。

ホテルに行くと、お部屋の用意が出来ていた(!)ので、ちょっと休憩することに。
ありがたや~。

充電完了した後は、メトロに乗って、ガムラスタンまで行きました。

メトロの駅はとってもオシャレ!
a0233873_5214858.jpg


メトロは、リフトが充実している印象でした。
そして、改札口も、1人乗り用の普通のベビーカーでスムーズに通れるくらいの幅があります。

ガムラスタンは、魔女の宅急便のモデルになった街ともいわれるらしく、
どこを見てもとっても素敵で、写真を撮るのが楽しくなるところでした。

a0233873_5463657.jpg

a0233873_5224090.jpg
a0233873_5225379.jpg


少し歩いていたら、おなかが空いてきたので、父ちゃんがリサーチしてくれたところで
昼食にすることに。

Kaffegillet(カフェジレット)
a0233873_5233083.jpg

a0233873_5272679.jpg
a0233873_528624.jpg



Kaffegillet(カフェジレット)には、なんと日本語メニューも置いてありました。
直訳してあるようで、よぉーくみると、ん?な書き方のメニューもあったけれど(笑)。

a0233873_5305159.jpg

旅行中、現地の名物料理を食べたいな~と思っても、懸念点は、子供が食べられるメニューが
あるかどうか。 なので、どうしても、旅行先では、ハズレがないイタリアンを選択することが
多くなってしまうけれど、店外に置いてあったメニューにボロネーゼがあったので
迷わず入店を決めました。 

雰囲気もとっても素敵なレストランでした。
店内の灯りが抑え目なので、全然美味しくなさそうな写真しか撮れなくて申し訳ないです・・・
とーっても美味しかったです!! サーモン最高~!

店員さんは、日本人観光客慣れしているようで、『オイシカッタデスカ? アリガトゴザイマシタ!』と
言ってくれました。嬉しい~!

途中まで頑張って起きてた長女ですが、メニューを決めてる間に夢の中へ・・・。

ノーベル博物館
a0233873_536408.jpg

a0233873_5373594.jpg


かわいい看板♪ おもちゃ屋さんかな?
a0233873_5382147.jpg


こういうの、好きだなぁ~。
a0233873_539457.jpg


a0233873_5402433.jpg

ガムラスタンには、かわいい雑貨屋さんがたくさんあって、てくてく歩きながら、
あっちへふらり、こっちへふらり。気になったお店にいくつか入ることが出来ました。

晴れ間も見えて来て、おさんぽがきもちい~!

Mårten Trotzigsgränd(モーテン・トローツィグ・グレン)
a0233873_5413924.jpg
a0233873_5442189.jpg

幅約90cmのとっても狭い通り。 なんだか迷路みたいで楽しい~!

a0233873_5455973.jpg

おさんぽを楽しんでいたら、長女が起きて来て、今度は次女がお昼寝。

長女は昼食を食べ損ねてしまったので、ホテル近くのSUBWAYでパンを買いました。
最近、子供たちがSUBWAYが好きだということがわかったので、旅行先で
ちょこちょこ利用することが多いです。オランダに来る前は、生野菜なんて
全く食べられなかったのになぁ。 えらい!

16:00頃までたっぷり充電した後は、ストックホルムで1番のお楽しみ♪
アンティークショップでのお買い物にレッツらゴー!

大好きな北欧食器。最近は日本でも買える種類がかなり増え、価格も安くなっているので、
今回の旅行では、ビビビとくるヴィンテージ食器に出会えたらいいなぁと楽しみにしていました。

あれこれ巡りたいけれど、旅行の日数も長いので、ストックホルムでは2件に絞りました。

Bacchus AntikAntique&Quriosashopenです。

a0233873_5545054.jpg
a0233873_5555919.jpg


こちらの2件はお隣のお店なので、時間が限られているわたしたちでもサクッと
まわることが出来ます。

Bacchus Antikは、記念すべき(?)、わたしが初めて入ったアンティークショップ。
店内には、ブログやHPでみてた、憧れの食器たちがずらーーっと並んでいて、大興奮!
きゃー!! ストックホルムでは、GustavsbergのSPISA RIBBのカップ&ソーサーの
状態の良いモノがあれば購入予定でした。 
こちらのお店にはたくさんあったけれど、実際手に取ってみると、ん?ビビビと来ない。
なんか違うなー、トキめかない・・・ということで、購入を取りやめました。

他にもストックホルムということで、Gustavsbergの品揃えが良かったです。

子供たちも機嫌が良かったので、一緒に入店したけれど、貴重な品々を壊さないかと
ヒヤヒヤ・・・X_X (もちろん、父ちゃんが見ててくれてます。)

店主のおじちゃんは、珍しい日本人の子供たちに温かい心で接してくれて、ほっこりしました。
キラキラと輝くガラス食器に、『きれいね~すてきね~』と、子供たちながらに何かを
感じ取ってくれた様子。 

お隣のAntique&Quriosashopenは、おばあちゃんが店主さんでした。
ちょうど店内にはわたししかおらず(店内は狭かったので子供たち&父ちゃんはお外で待機)、
色々と話しかけてくれました。 こちらでも、SPISA RIBBを手に取ってみたけれど、
やっぱりなんか違うなーということで、ひたすらお気に入りを探すことに。

個人的な感想だけど、こちらのお店の方が、1点ずつ、丁寧に扱われているような印象を
受けました。

結局、何も購入しなかったけれど、憧れの北欧ヴィンテージの食器を実際手に取ってみることが
出来て感動! 父ちゃん、子供たち、連れて来てくれてありがとうT_T

a0233873_69189.jpg夕食は、神州飯店 (チャイナ ワン) でいただきました。

バイキングもあるようだったけれど、単品で何品か頼みました。何を食べたか、写真を撮ろうと思ってたのに、おなかが空いた子供たちにせかされて、最初の1品しか撮れませんでした(笑)。 

(多分)サービスでごはんもついてきました。 

子供たちの口にもあったようで、たくさん食べてくれて嬉しかったです^^ ホテルからも近いし、嬉しいね~♪

寒かったけれど、子供たちも頑張って歩いてくれたし、大満足の1日になりました♪
[PR]
by nicoxnico_happy | 2013-04-26 00:00 | 2013.04 Stockholm | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nicoxhappy.exblog.jp/tb/17751508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スウェーデン・フィンランド旅行... スウェーデン・フィンランド旅行... >>