<< 4月のにじいろ会 にじいろ会 春の遠足 >>

最後の英会話レッスン

4月8日(月)

なかよしくらぶの後は、週1回の英会話レッスンの最終回でした。

約1年2ヶ月。
本当にあっという間でした。

もう、本当に最後なんだなぁ、と思うと、いろんな感情が込み上げて来て、
昨日はなかなか寝つけませんでした。

英語だけでなく、オランダで生活するにあたって、本当にいろんなことを教えてもらいました。
広告を広げては、このスーパーのこれが美味しい、だとか、この調理方法はこうよ、だとか。
これはマズイから買っちゃダメ、とか(笑)。
薬についてもたくさん教えてもらいました。
オランダ語で書かれた理解不能なレターを訳してもらったり、女王の日のおすすめスポットを
教えてもらったり。
バケーションの行先を一緒に検討してみたり、GGDに電話してもらったり、お料理のレシピを
英訳してみたり・・・。
先生の話す日常会話を英語で聞くだけでも、良いトレーニングになりました。

毎回のレッスンは次女同伴、そして時には長女同伴。
子供たちのことも温かく見守っていただき、時には、ぴしゃり、と叱ってくれました。

子供たちは、そんな先生のことが大好き! 
長女自ら、『せんせいにおてがみかく~!』と、一生懸命書いていました。
次女は、『しぇんしぇーい!』と、レッスン開始前に、すすんでスリッパを用意し、
チャイムが聞こえると、走って玄関までお出迎え。

なんだか、”おかあさん”のような存在の先生でした。
全然身内ではないんだけれど、色々と気にかけてくれて。褒める時はトコトン褒める、
いけないことははっきりと言う。すごくはっきりとした方でした。

そんな先生に、わたしの育児について褒めていただいた時はすごく、すごく嬉しくて、
自信がつきました。英語の発音も、良くなった、と言ってもらえて、すっごく嬉しかった!

なんだか、こうして日記を書いてる今でも、先生との思い出が走馬灯のように駆け巡り、
涙ぐんでしまっているけれど。

最後に、たくさんのありがとう、を込めて、長女が選んだ花束のプレゼントをしました。
子供たちからのお手紙も添えて。一緒に記念撮影をしたり・・・。
途中まで、全然平気だったのに、やっぱり涙がこらえきれなくなってきてしまいました。
先生は、たくさんの生徒さんとのお別れも経験済みなので、『最後は、玄関でお見送りすると
泣いてしまうから、このままでいいからね。あなたが泣いていると子供たちも心配するでしょう?』と
いってくださり、そのとおりにしました。笑顔で『See you!』っていいたかったのに、涙声に
なっちゃった・・・。

先生とは、Facebookでつながっているので、これからもお互いの近況報告が出来ます。
早速、先生からメッセージが届きました。文法がぐちゃぐちゃかもしれないけれど、
頑張って、英語でお返事。

また、いつか、どこかでお会い出来ますように。先生、本当にありがとう!
[PR]
by nicoxnico_happy | 2013-04-08 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nicoxhappy.exblog.jp/tb/17596406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4月のにじいろ会 にじいろ会 春の遠足 >>