<< ベッカー・レガッタの応援 Rhenen(レーネン)―Ou... >>

はじめての保育参観

6月7日(木)

はじめての保育参観でした。

30分という、限られた時間だったけれど、長女がどんなふうに幼稚園での
時間を過ごしているか、少しでも知ることが出来て、とっても有意義な時間でした。


4月から始まった年少組さん、4月、5月と立て続けに3人のお友達と
おわかれすることになり、とっても寂しかったけれど、6月1日から
新しいお友達が3人加わりました。

全部で25人。 女の子18人、男の子7人という、女の子ばかりのクラスです。
(新しいお友達は、なんと、3人とも女の子!)

5人ずつ、5つのテーブルにわかれていて、長女は、クマさんチーム。
ちょこちょこ、席替えがあるようです。
今回は、ちょうど、先生に1番近いお席に座っていました。
(席はあらかじめ指定されていて、自分の名前シールがテーブルに貼ってあります。)

保育参観が始まると、まずは、おうたを聞かせてくれました。

幼稚園園歌、うちでは1度もうたったことがなかったのに、難しそうなおうたを
一生懸命歌ってくれました。それから、17日の親子レク(運動会のような、幼稚園イベント)で
歌うおうたを数曲と、時計の歌など、さらに数曲、聞かせてくれました。

大きなお口で、とっても楽しそうに歌う長女。
ふりつけもちゃーんと出来ていました。

なんだか、その姿を見て、じーんときてしまって。
保育参観、開始5分にして、わたしの目にはうっすらと涙が。
ついこの間、産まれたと思ってたのになぁ、なんて、しんみりしてました。


次は、出席をとります。
大きな声でみんなお返事することが出来てました。
いつもとは違う様子に、『おかあさーん!』と、後ろがとっても気になる様子の
お友達もいたけれど、みんな、一生懸命先生のお話しを聞いて、椅子に
座っていることが出来ていました。感心、感心!

長女も、大きな声でお返事が出来ました♪

お当番さんのお仕事、というものがあるそうで、ちょうど、ラッキーなことに、
今日のお当番さんは、長女たちのクマさんチーム!やったー!
お仕事は、出席簿をみんなで一緒に持って(笑)、事務室へ届ける、という内容のようで、
やぶらないように、みんなで、『せーの、いちに、さんし♪』と声をかけながら、
たった1枚の紙を丁寧に運ぶその姿が、かわいくて、かわいくて・・・。


もうすぐ帰国してしまう、Mちゃんのお誕生日会も開催されました。
本当は、お誕生日会は、年中・年長クラスと合同で月に1回設定されていて、
体育館で行われ、保護者も参観OKだけど、今月のお誕生日会は、Mちゃんの帰国後。
それに、ちょうどこの7日は、Mちゃんの4歳のお誕生日当日、ということもあって、
嬉しいサプライズでした^^ お立ち台である、椅子の上にちょん、とたって、
好きなモノなど、先生からインタビューを受けるMちゃん。お母さんたちもたくさん
見守る中でのお誕生日会はとっても緊張した様子だったけれど、
みんなでお祝い出来てほんとよかったね^^


工作の様子もみせてくれました。
親子レクで、お父さんに渡す”メダル作り”です。
先生の説明をじーっと聞いている園児たち。本当にお利口さん!
3歳、4歳の子たちって、ここまで出来るんだなぁ。
☆に顔を描いたり、模様を描いたりして、当日、お父さんに渡します。
シールやのりづけも上手に出来てました。
のりづけ、幼稚園で教えてもらってるから、上手に出来るようになったんだね~!


そんなこんなで、あっという間の30分。
次女は、おんぶをしておかないと、歩いて、みんなの机のところにいってしまうなどして、
保育の邪魔になると思ったので、エルゴでずっとおんぶしていました。
ぐずるかな~とひやひやしてたけれど、ひさしぶりのおんぶが嬉しかったのか、
うとうとしたりして、全く声を発することなく、本当にお利口さんだった次女。
ぐずったりしたら、スグ退室しようと思ってましたが、その必要は全くありませんでした。
本当にありがたかった!!

長女は、幼稚園がすごく大好きで、週末になると、『きょう、ようちえんは?』と
必ず聞いてきます。『おやすみだよ』というと、すごく残念そうな顔をします。
でも、今日の保育参観で、本当にキラキラ輝く笑顔をみて、何をやるにも
全力投球、一生懸命な姿を見て、すごく感動しました。

大好きなお歌をたくさん歌って、お友達とたーっくさん遊べる幼稚園、
こりゃ楽しいハズだわ~と納得しました。


慣れない海外生活の中で、こうして、親子ともども楽しく通えることが出来る幼稚園が
身近にあることって、どれだけありがたいことか。
本当、感謝、感謝です。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-06-07 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nicoxhappy.exblog.jp/tb/15593649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ベッカー・レガッタの応援 Rhenen(レーネン)―Ou... >>