<< Leiden(ライデン)―シー... 小麦粉粘土 >>

幼稚園に行ってきました

11月11日(金)

子供たちの体調はすっかり良くなりました。
ご心配をおかけしました。
やっぱり元気が1番!
これから、オランダで過ごす初めての冬に向けて、
しっかり体力づくりをして、体調管理をしていきます。

今日は、長女が12月から通うことになる日本人幼稚園へ家族で行ってきました。
園長先生との面談のためです。

我が家から10分ほどの場所にあるこの幼稚園。
渡蘭2日目に運転練習としてきたことを思い出しました。
オランダでの運転初心者でも走れるくらい、のどかでわかりやすい場所にあります。
この辺りは新興住宅街で、まさに日本人が多く住む街。

送迎バスはもちろんないので、毎日親が送迎しなければなりません。
(アムステルダムの街中とか、都会のど真ん中にあるような幼稚園だったら、
連れて行くのが怖くて通園拒否してたかも笑。)

オランダ唯一の全日制日本人幼稚園がここです。
近くに日本人幼稚園があって本当に良かった。

渡蘭が決まって、真っ先に考えたのが長女の幼稚園のこと。
任期が2年と短いので、現地の幼稚園に通わせる等、他の選択肢は一切ありませんでした。

大人気のこの幼稚園ですが、渡蘭前に、日本にいる時から渡蘭時期を伝え、
入園希望を出していたため、比較的早く入園することが出来ました。
(タイミングによっては、半年以上待たされることもあるとか・・・)

長女が編入する2歳児クラスは定員14名の少人数クラス。
月・火・木・金の週4日、9:45~13:45が保育時間です。
担任の先生とサポートしてくださる先生のお2人で面倒をみてくださいます。

この月齢の子たちはうちの子を含め、まだまだおむつが外れていない子たちが多く、
幼稚園でトイレトレーニングをしてくれるということもあり、このような少人数クラスのようです。

今日の面談前に園内を見学させてもらいましたが、小さなトイレがあり、個人名がかかれた
おむつがそれぞれ名前が書かれたボックスにいくつか入れられていて。
毎日トイレの時間になると、例えでなくても、全員でトイレに行って、座らせるそうです。
長女はすこしトイレに興味はあるようですが、まだまだおむつがはずれるのに時間がかかりそうな感じ。
でも、こうしてお友達と一緒に行くことで、いい刺激になるのかも?と期待しています♪
(オランダでは、なかなか出掛け先でおむつ替えスペースをみかけません。
聞くところによると、4歳になるまでおむつをはずさないとか・・。おむつがはずれても、
日本のように数m歩けばコンビニがあり、気軽にトイレに入れるようなところではないため、
親としては、おむつのままでいてくれた方が楽なような気もしてますが・・難しい。)

年少、年中さんになると、家と同じような通常サイズの便器もあったり、
個室にカーテンがついたり。年齢によって工夫されたトイレづくりに感心しました。
細かいところまで配慮されていて嬉しいなあ。

園内の雰囲気は、まさに日本の幼稚園!という感じでした。
年齢にあった教室づくりがしてあり、これからの園生活が楽しみになりました。
担任の先生も園長先生も理事、事務の方も全員日本人です。

2歳児クラスはプレイルーム的要素が強いため、ほかのクラスとは若干違うようですが、
年少クラスになるとリトミックや英語のレッスンもあったりするそうです。
幼稚園に通うと、いろいろと出来ることが増えていくんだろうな~。

先輩奥様に聞いても、ちびっこくらぶでお友達になった方に聞いても、だれに聞いても、
子供は楽しく通ってる、というので、きっと、長女も楽しんで通ってくれると思います。

今日は、幼稚園指定のスモックを購入して帰宅。
長女はそのスモックがとても気に入ったようで、1人で何度も脱ぎ着してました。
ちゃ~んとボタンも留め外しが出来るようになって。
ポッケには携帯をin。(父ちゃんのまねっこらしい)

今までず~っと1日中一緒にいた長女。
これから幼稚園、小学校、中学校と集団生活が始まるんだなあ、と考えると、
なんだか感慨深くてしみじみしちゃう。
幼稚園初日は12月1日。
長女よりもわたしの方がどきどきして緊張してしまうかも。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2011-11-11 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nicoxhappy.exblog.jp/tb/13989298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Leiden(ライデン)―シー... 小麦粉粘土 >>