カテゴリ:2012.12 Lisbon( 3 )

ポルトガル旅行―2日目リスボン―

**こちらは、2012年12月に行ったポルトガル旅行記です**

******************************************

12月23日(日)

2日目。

本当はもう少し早起きして、午前中にベルン観光→午後に市電に乗ってアルファマ地区や
周辺を散策する予定だったけれど、昨日も結局寝たのが遅くなってしまったし、
子供たちの体調も心配だったので、少しペースをゆるめることに。

次女はおかげさまですっかり顔色もよく、もう大丈夫な様子。ほっ。

食欲もばっちりなので心配なしかな。

朝食を食べた後は、市電に乗ってアルファマ地区へ。


かわいい~♪ 男の子ならもっと喜びそうだね~^^♪
a0233873_924247.jpg



車内はこんな感じ♪
a0233873_9261016.jpg


a0233873_927853.jpg



こんなところも通っちゃうの?! というくらい、狭い道路をことこと走る市電。
楽しかったなぁ。


洗濯物でさえ絵になっちゃう。
a0233873_9294785.jpg



a0233873_93047.jpg


a0233873_9303973.jpg


展望台に到着~
ちょっとした広場になっていたので、子供たちは鬼ごっこをして楽しんでいました。
a0233873_9303863.jpg



a0233873_9341885.jpg


a0233873_9362125.jpg


a0233873_9391414.jpg


a0233873_9393839.jpg



えーっと、既に最初の方の写真をみてお気づきの方もいるかもしれませんが・・・
この日のお天気、くもり。というか、キリばっかし!どよーん・・・どよーん・・・どよーん・・・。

ホテルを出た時点で、『あ、こりゃダメだわ~・・・』と思ったけれど、やっぱダメでした。
これじゃオランダと一緒だよーT_T ぐすん。


素晴らしくプラス思考な父ちゃん、へこむわたしに、
『こんな風景はガイドブックやネットの写真じゃみれんのやて~!』とひとこと。
確かに~!!

貴重なくもり空のリスボンをみせていただきました(涙)。
子供たちは、景色よりも、近くの広場に落ちてた、イチョウの葉っぱに夢中。


おなかが空いてきたので、昼食にすることにします♪
選んだのは、「Restairamte Cervejaria Barcabela」。

本当は、トリップアドバイザーでリスボンのレストラン1位Cervejaria Ramiro
行ってみたかったんだけど、なんと、最寄駅の駅名のみ覚えていて、店名を書いたメモを
ホテルに置いてくるという大失態・・。ちーん。

オランダで旅行計画を立てている時に、だいたいの地図はgoogle mapで見てたけれど、
店名がど~うしても思い出せず。

確か、こんな感じの雰囲気のお店だったような・・とあいまいな記憶のまま入店したのでした。
(もちろん違うお店でした。涙。)


水槽には大きなエビやカニがどーん!
a0233873_4282483.jpg


喜ぶかな~♪なんて思ってたけれど、子供たち(特に長女)は、『こわいぃ~!!!』と
ビビってました・・・。ごめんよ~。

リスボンと言ったらシーフード♪

ということで、こんな感じの昼食になりました。
a0233873_4301989.jpg


結局何のお魚だったのかよくわからないけれど、白身魚の塩焼きだったのかな。
日本人の口によくあう、とっても美味しいお魚でした^^

いろんな人のブログで、”リスボンはご飯が美味しく、日本人の口にとってもよくあう”と
書いてあったのを見たけれど、ほんとにその通り! 

偶然入ったお店だったけれど、美味しかったな~。良かった☆
おなかいっぱい^^

午後は、電車に乗って、ベレン観光へ行く予定だったけれど、なんだかちょっと
気分が悪い・・・。貧血気味のような。

頑張って行けないこともないけれど、まだまだ旅は始まったばかり。
ここで無理をするとあとに響くし、なにより、みんなに迷惑をかけると思い、
ホテルでゆっくりしてることに。

あー・・(涙)。リスボン観光出来るのは1日しかないのに・・・・。ベレン行きたかったなぁ・・・。


ということで、父ちゃん1人でベレン観光に出発。


発見のモニュメント
a0233873_4401021.jpg


発見のモニュメントは、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して造られました。

a0233873_4411197.jpg

結構大きいんだな~。

a0233873_4413456.jpg

世界地図には、ポルトガルが「発見」した年が記述されています。
日本の場合、ポルトガル人が種子島に漂着した1543年ではなく、
ポルトガル船が豊後に漂着した1541年が記述されています。

a0233873_4415756.jpg


a0233873_4421299.jpg



それから、じゃじゃーん♪
こちらは、ベレンのお菓子、”Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)”が食べれる、
Pastéis de Belém」。
a0233873_4423145.jpg


入店したのが18:00頃でしたが、これだけのお客さんが!大人気なんだなぁ。
a0233873_443933.jpg


a0233873_5245480.jpg甘さ控えめで、中はとろ~り。とにかく、めっちゃめちゃ美味しかった~!!



しばらく横になってたおかげでだいぶ復活! 良かったー。

夕食は、美味しいローストチキンが食べられる「Bonjardim(ボンジャルディン)」に行く予定
だったけれど、ホテルから歩いていく自信がなかったので、ホテル内のレストランでいただきました。

美味しかった~^^♪


今日1日、次女の体調もいつも通りだったのでもう大丈夫かな。


明日はいよいよマデイラ島にしゅっぱーつ♪
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-12-23 00:00 | 2012.12 Lisbon | Trackback | Comments(0)

【もくじ】ポルトガル旅行―リスボン・マデイラ諸島(マデイラ島)―

**こちらは、2012年12月に行ったポルトガル旅行記です**

******************************************

12月22日(土)~28日(金) ポルトガル リスボン・マデイラ島(6泊7日) 

 
長女 3歳11ヶ月
次女 2歳2ヶ月


旅程
【1日目】
オランダ Schiphol空港 → (TAP 約3時間) → ポルトガル Portela空港 

ホテル泊

ポルトガル旅行―1日目リスボン―

【2日目】
・サンタ・ルジア展望台
・発見のモニュメント(父ちゃんのみ)
・ベレンのお菓子、”Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)”を「Pastéis de Belém」で購入

ホテル泊

ポルトガル旅行―2日目リスボン―

【3日目】
ポルトガル Portela空港 → (TAP 約1時間半) → ポルトガル Madeira空港

・ホテルでのんびり

ホテル泊

ポルトガル旅行―3日目マデイラ島―

【4日目】
・ホテルでのんびり

ホテル泊

ポルトガル旅行―4日目マデイラ島―

【5日目】
・ホテルでのんびり
・中心地へお散歩(父ちゃん・次女のみ)

ホテル泊

ポルトガル旅行―5日目マデイラ島―

【6日目】
・トボガンに乗る

ホテル泊

ポルトガル旅行―6日目マデイラ島―

【7日目】
ポルトガル Madeira空港 → (TAP 約1時間半) → ポルトガル Portela空港 → 乗継
ポルトガル Portela空港 → オランダ Schiphol空港 → 帰国

ポルトガル旅行―7日目帰国―

ホテル
【1~2日目】
Lisboa Carmo Hotel
ホテルのHP
booking.comのHP

こちらのホテル、最寄駅のロシオ駅からは少し歩きますが、モダンでオシャレでとってもキレイで
良かったです。

2日目夕食はホテル内のレストランで食べましたが、美味しかったです♪

朝食も種類がたくさんあって良かった~!


【3~7日目】
Reid's Palace
ホテルのHP
booking.comのHP

トリップアドバイザーで、トラベラーズ チョイス アワード2012を受賞したホテルでもある、
Reid's Palace。

なぜか、ホテルのHPには日本語表記もあります。

5つ星ホテル。

家族連れ、子連れ、というよりも、子供がある程度大きくなったようなご年配夫婦の旅行者を
多くみかけたホテルでした。

去年行ったテネリフェのホテルとは全く雰囲気が違うホテル。
エレガントでクラシックで、一流ホテルとはこういうところなんだなぁと、随所で感じたホテルでした。
こんなところに泊まれるなんて夢心地・・・♪ 
スパ、アフタヌーンティーやBAR、プールももちろんあります。

オールインクルーシブではないので、毎回どこで食事をするか悩み、金額をみてびっくり~!!
(さすが、ホテル価格・・・涙)

ホテル内にもレストランはありますが、ドレスコードがあり、子連れでは絶対無理なので、
ホテル敷地内にあるイタリアンレストラン「Ristorante Villa Cipriani」(こちらも想像していたレストランよりも
全然カジュアルじゃなくて緊張したけど)にて3日夕食を食べました。

このレストランには子供用メニュー(パスタはもちろん、お肉、お魚メニューも)があったので
わたしたちの強い味方♪ と~っても美味しかったです♪

******************************************

a0233873_6245211.jpg


今年最後の旅行としてわたしたちが選んだ先は、ポルトガル領のマデイラ諸島。
9月に行き先が決定してから、この日をとっても楽しみにしていました。

マデイラ島に行くためにはリスボンで乗継となるため、ついでにリスボンにも立ち寄ることにしました。

オランダとの時差は1時間あります。(日本との時差は9時間。サマータイムの時は8時間。)

去年のテネリフェ島(5泊6日)をこえる、初の6泊7日のロングステイ。

テネリフェに行った時は、長女がまだおむつマンだったので、それこそ2人分のおむつだけで
スーツケースがいっぱいに。今回は、次女の分のおむつだけでいいので、その分荷物は少ないものの、
オランダとの気温差(マデイラは20℃前後と温かい場所です)を考えて、あれこれ詰めなおしてみたり・・。

そして今回の旅行は、これまでで1番大変な旅行となってしまいました。

というのも、初日、リスボンに着く前の機内にて、次女がリバース。(機内で酔ったのかなあ・・・)
リスボン到着後、1日観光予定が、昼食後になんとなく気分が悪くなり、わたしがダウン。
父ちゃんもなんとなーく胃腸の調子がよろしくないということも・・。
そして、マデイラ到着後、夜に長女がリバース&発熱でホテルで安静してることに・・・。

そんなこんなで、家族全員、順番に体調不良になってしまった旅行なのでした。
1番辛かった&頑張ったのは長女。
滅多に発熱&リバースしない長女だし、夜寝る前まで元気に走り回っていたので、とにかくびっくりしました。
思えば、先週のクリスマスコンサート前日あたりから、少し咳をしたり、鼻水出したり、
薬を飲ませてごまかしてきたけれど、完璧に治ってなかったのかな。
慣れない土地で、疲れが一気に出たのかも。

ロングステイだったので、帰る頃にはなんとか熱も下がり、食欲も出て来て、無事に
オランダに帰れた時は、本当にほっとして、涙が出そうでした。

ぐったりしてる長女の姿をみてるときがとにかくかわいそうでした。

こういったことも起こりうるのが子連れ旅行。
これまでたくさん旅行に行ったけれど、子供たちが旅行先で体調不良にならずに帰って来れるというのが
どれだけ奇跡なのかということが改めてわかった旅行となりました。

これから、少しずつ旅行記をアップ出来たらいいなぁと思います。お楽しみに♪
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-12-22 00:00 | 2012.12 Lisbon | Trackback | Comments(0)

ポルトガル旅行―1日目リスボン―

**こちらは、2012年12月に行ったポルトガル旅行記です**

******************************************

12月22日(土)

1日目。

17:50フライトなので、15:30頃におうちを出発。
今回はロングステイなのでパッキングがとっても大変。
いつも、前日夜遅くまでかかって仕上げるので、朝ゆとりがあるのは嬉しい~♪

ただ、ホテルに着いても寝るだけになるので、先にシャワーを浴びてから出発することに。

a0233873_832489.jpgスキポール空港には、大きなツリーがありました。しかも、ミッキー! 
かわいい~♪

長女、てっぺんにいる、”ティンカーベル”を発見! 

『おかあさーん!おほしさまのところに、ティンカーベルがいるよ~!』と教えてくれました。 すごいねー、よくみつけたね~!





a0233873_8323431.jpgおもちゃ売り場には、ミッキーのぬいぐるみがたくさん飾ってあるツリーも♪ 


なぜか飛行機が遅れてたけれど、無事に離陸。

リスボンまでは3時間の旅。

いつものグズリ対策グッズであるシール、おえかき帳、絵本、おもちゃ、お菓子・・の他に、
今回は長旅なので、特別にipad様にお世話になることに。
ノンタンやアンパンマンをみせるも、『こえがきこえないー!おおきくしてー!!』と
長女からのリクエストが・・・(涙)。

次女は、搭乗前におにぎりやみかんを食べておなかいっぱいになったようで、夢の中へ。
2時間くらいたっぷり寝てくれました。ありがたや~。

機内では、子供たちにこんなかわいいものをもらえました♪
a0233873_835442.jpg

アイマスク~!! かわいい☆

日本人の子供は珍しいのか、機内では、フライトアテンダントのお姉さんや、近くの席の
お姉さんたちに、たくさん声をかけてもらいました^^♪

そうこうしてると、次女がお目覚め。着陸態勢に入って少しすると、『なんかおなかいたい・・・・』と次女。
全く平気でもこういうことをいうことが時々あるので、『だいじょうぶだよ~』と言いながら、
そのまま様子を見ていました。

長女は、『おみみがいたいーーー!いたいぃ~~~!!』と言うので、ラムネをあげたり、
上手く耳抜きが出来るように、父ちゃんと2人で長女にかかりっきりになっていたら・・・

そんな時に、次女がまさかのリバース。えーーー!! 
とにかくびっくり。そういえば、ちょっと顔色が悪かった、かも。
でも起きてスグって、いつもぼーっとしてるしなぁ・・・。

長女は父ちゃんに任せ、わたしは次女の対応を。
幸い、出し切った後はスッキリしたのか、いつものにこにこ次女に戻ってくれてほっとひと安心。
『おえーしちゃった~^^』なんて自分のことをいうくらい。

長女は、次女の様子を見て、自分の耳が痛いのが吹っ飛んだのか、すぐさま次女の心配を
してくれました。優しすぎる・・(涙)。

様子を察知したフライトアテンダントさんがとんできてくれて、タオルとビニール袋をたくさん
持って来てくれました。

気付いた時には、リスボンに着いてました。
まさか、わが子が機内でリバースしてしまうとは・・・。
機内という密室空間の場合、特に、周りの乗客の皆さんはもちろん、キャビンアテンダントさんにも
迷惑をかけてしまうけれど、ほとんど臭いがなかったのがせめてもの救いだったかも。

もう1回出るかなー・・とどきどきしたけれど、1回きりでおさまった様子。
本人もケロッとしてて元気そうだし、ほっとひと安心かな。

空港で着替えを済ませました。
長女がトイレに間に合わなかった時用のものだけれど、次女も兼用出来るサイズ。
お着替え持ってて良かったー!!

a0233873_8562177.jpgホテルの近くまでは空港バスで移動します。

スーツケースやベビーカーを置けるスペースがあるのはありがたい♪



バス停から、てくてく歩くこと15分ほど。

地図上ではわからなかった、リスボン名物、”坂”があちこちに・・・!!
ひょえー!

今回の旅行でも、ベビーカーを持ってくかどうかすごく悩んだけれど、お昼寝してしまった時を考えて、
最終的に持って行くことに。

リバースのハプニングもあり、飛行機とバス乗っただけなのに、この時既に、
心身ともに疲れ切ってしまってたわたし。

心臓破りの坂が、ほんとキツかった~!!

というのも、オランダに住んでいると、平坦な道ばかりで、滅多に坂に遭遇しないので、
ちょっとした坂でもとってもしんどいものに感じられるのかも。

わたしはベビーカーを、父ちゃんは大小2つのスーツケースをごろごろ押して、坂道をのぼったりおりたり。

ホテルに到着したのは22:00頃。
ゆっくり休みます。おやすみなさい。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-12-22 00:00 | 2012.12 Lisbon | Trackback | Comments(0)