カテゴリ:2012.07 Amalfi( 4 )

イタリア旅行―2日目アマルフィその1―

**こちらは、2012年7月に行ったイタリア旅行記です**

******************************************

7月27日(金)

2日目。

朝はばっちりお目覚め♪ お天気は快晴!うーん、とっても気持ちがいい!!
暑いけれど、日本のように湿気がないので、じめーっとした蒸し暑さじゃなくて、
からっとしていて、爽快な暑さ。いいね、夏!

今日2日目が今回の旅行で1番重要な日。
拠点に選んだサレルノから、高速船に乗って、アマルフィ・ポジターノ・ラヴェッロに
向かいます。高速船は、お天気に左右されてしまうので、快晴でほんっとに嬉しいー!!

最初は1日で3か所の移動なんて無謀じゃ?と思ったけれど、
上手いことまわれました♪(ちょっと駆け足な感じになってしまったけれど、十分満足!)

いろんな高速船があるようですが、今回わたしたちが乗船したものは、
Salerno(サレルノ)→Amalfi(アマルフィ)→Positano(ポジターノ)を結ぶ
Travelmarというところのものです。

HPもしっかりしてるし、時刻表もHPで確認出来ます^^

Salerno港 時刻表
a0233873_817258.jpg


チケット購入♪
a0233873_8192962.jpg


わー!船がきたきたー!!!
a0233873_8201912.jpg


いよいよ乗船。テンションがあがる、あがる!!
a0233873_8211920.jpg


もちろん、2階にのぼってみました。
a0233873_822415.jpg


青い空、海風がとーっても気持ちが良くて、もう・・・最高!!
はあ、しあわせすぎる。


船酔いしてしまうかも、と、酔い止めをばっちり持ってましたが、さすが高速船。
ほとんど揺れがなくって、全く酔いませんでした。(ただ、港に着くときに、微調整をするので、
その時にはうにょ~んとなるのがちょっと気持ち悪い感じだったけれど。)

a0233873_8255940.jpg


a0233873_827947.jpg


a0233873_8273271.jpgアマルフィ海岸は、「世界一美しい」ともいわれ、ソレントからサレルノまで、全長40kmに至ります。

とにかく、美しい!の一言。うっとり。

写真もたくさん撮ったけれど、美しい景色をとにかく目に焼き付けました。

乗船中は、風が気持ちがいいので、1枚羽織りものがあると安心かも。



a0233873_8372777.jpg


a0233873_8383242.jpg

どこを撮っても、絵になる。絵葉書みたいな景色。

望遠レンズで撮ってみた写真たち。
a0233873_1763033.jpg
a0233873_1771511.jpg
a0233873_179352.jpg
a0233873_17105964.jpg

a0233873_17122651.jpg
a0233873_17204772.jpg
a0233873_17211173.jpg
a0233873_17213166.jpg
a0233873_17215642.jpg
a0233873_1722152.jpg
a0233873_17223267.jpg
a0233873_17224874.jpg
a0233873_1723478.jpg


デジカメで撮ってみた写真たち。
a0233873_17315239.jpg
a0233873_17393557.jpg
a0233873_1739497.jpg
a0233873_1740098.jpg
a0233873_1740166.jpg


a0233873_1824792.jpg
a0233873_183842.jpg
a0233873_184482.jpg


8:40Salerno(サレルノ)→9:15Amalfi(アマルフィ)→9:50Positano(ポジターノ)

Positano(ポジターノ)に到着!
a0233873_1853328.jpg
a0233873_18172444.jpg



ポジターノは高級リゾート地で、有名人もバカンスに訪れるそうです。
こういうところで時間を気にせず、ただひたすらまったり~と贅沢な時間を過ごしてみたいなぁ・・・

ポジターノでは、antica sartoriaというブランドが人気のようで、旅行中に出会った
日本人観光客のほとんど&その他観光客もこちらのショップバッグを持ってました。

それから、織田裕二主演のアマルフィ~女神の報酬~に出てくる印象的なあのシーンは、
ポジターノがロケ地らしいです。高速船からみた景色はまさに映画の1シーンそのもの!
夢中でシャッターをきりながら、目にしっかりと焼き付けました。

ポジターノには一瞬(ものの5分くらい!笑。)上陸して、写真を撮っただけでサヨウナラ~

船から眺める、この景色をみただけで十分!大満足なのです。

日程的に無理だろうな・・と諦めてたから、ホントにみることが出来て嬉しかった。

チケット売り場でアマルフィ行きを購入。
ポジターノに9:50に着いて、10:00に出港するという(笑)。
今まで乗ってきたのと同じ船だったので、船員さんも、”何?この家族。”って思っただろうな(笑)。

a0233873_18342718.jpg
a0233873_1835545.jpg
a0233873_183853100.jpg


Amalfi(アマルフィ)に到着!
a0233873_655554.jpg


気持ち良すぎるよー!

船を降りてスグの場所にあったカフェには、日本語のメニューが書かれた看板が
置いてありました。映画の影響なのか、日本人観光客のツアーもみかけました。
(歩いていく方向が同じだったので、ガイドさんの説明を、ふむふむ、と聞きながら
進んじゃいました笑)
a0233873_705732.jpg


ここを抜けると、アマルフィの中心となる広場が広がっています。
a0233873_6575343.jpg


a0233873_6595611.jpg


ドゥオーモ(ドゥオモ)
a0233873_734783.jpg


わぁ、感動!こちらも映画のロケ地。
あとから、もう1度映画を観なおさなくちゃだな♪

子供たちは・・・・これだけの階段に大興奮!(階段大好き)

長女はよっぽど大丈夫だけど、次女はまだ危なっかしいので、ハラハラと見守りながらの
階段のぼりおりでリフレッシュ。

太陽がまぶしすぎる☆
a0233873_76278.jpg


かわいいー!買おうか迷ったけれど・・・見て満足したので我慢我慢。
a0233873_783870.jpg


a0233873_79575.jpgアマルフィはレモンが有名!ということで、レモンのジェラート♪ 


これだけ暑いと(といっても、33℃くらいだったかな?日本ではこれが当たり前だと思うと・・・帰国後が怖いーー涙)、さっぱりとした味わいのレモンが余計美味しく感じる!!



セクシービーム!(笑)
a0233873_7105347.jpg


これだけ晴れてると、ほんと、テラス席で食べなくちゃもったいない!という感覚が
しっかり身について来ました(笑)。
a0233873_712282.jpg


これから、アマルフィに来たら、絶対オススメ!だというお店を目指して歩きます♪
a0233873_7134072.jpg


右にも左にもお店がずらーっと並んでいて、みるのが忙しい~(笑)
a0233873_720506.jpg


途中、こんなかわいらしいバスも通りました。
a0233873_7214938.jpg


a0233873_7222047.jpgこれは・・・なんだろう?? 日本で言う、道祖神みたいなものかなあ?



この通りにあるもんだと思い込んでたお店だけど、歩いても歩いても見つからない・・・。
手元にあるのは、ipadの地図のみ。

『この辺だと思うんだけどな~・・・』と父ちゃん。見当たらないので、ずんずん進んでいくと、
ついに行き止まりに・・(涙)!! 

ローカルのおじいちゃんに聞いたり、チーズ屋さん?のお兄さんに聞いたりしたけれど、
2人とも言ってることが全然違う・・・(笑)。

そして、この道は微妙に坂道だったりするから、ちょっと足にくる・・(涙)。

しかも、わたしったら、行きたいー!!って言ってたのに、肝心のお店の名前を書いたメモを
ホテルに忘れるという大失態。・・・最悪T_T

とにかく、この先に行けないので、来た道を戻って、1つずつのお店を確認してたら・・・
目的のお店は、通りから1本狭い道を入ったところにあるお店でした。

a0233873_7261814.jpg


あったー!
a0233873_7281810.jpg


Dolceria dell'Antico Portico
a0233873_7312939.jpg


こちらのお店のトリップアドバイザーのページはこちら

なんと、トリップアドバイザーでは、アマルフィのレストラン82件中1位に輝いてるお菓子屋さんです。

アマルフィの情報収集をしている時に、「アマルフィに行ったら、アマルフィ名物、
デリツィア・アッラ・リモーネを食べるべし!」とあったので、こちらのお店でいただくことに。

とっても愛想がいいお姉さんが丁寧な対応をしてくれました。

日本の旅雑誌やお菓子の雑誌などが店内に置いてあり、こちらのお店が日本でも
広く取り扱われてることを初めて知りました。

お店の前にはちょっとしたカフェスペースがあったので、そこでいただくことに。
a0233873_7403895.jpg


デリツィア・アッラ・リモーネとティラミス!
a0233873_7422344.jpg


イタリアといったらやっぱりティラミスー!
両方ともめちゃめちゃ美味しかったです。デリツィア・アッラ・リモーネは、さっぱりしていて、
全然くどくなくて、日本人好みの味。これは美味しい~!

ドリンクもオーダーすることが出来ました。(オレンジジュースとアイスコーヒーをオーダー♪)

他にも、マカロンや一口サイズのケーキ、日持ちするレモンの砂糖漬けなどなど、
美味しそうなものがたくさん売っていました♪

このお店はオススメ!機会があったら、また是非もう1度行ってみたいお店です。

そのあとは、ドゥオーモの広場までまた戻って来ました。
そして、ランチ♪ ここでももちろん・・・ピザ!
a0233873_7481998.jpg


この後、「トイレ事件」(笑)発生ー!

今回の旅行は、長女がだいぶトイレトレーニングが完了(というか、祝☆パンツマン!)の時期
だったので、旅行中はおむつorパンツ、どちらで過ごすのか、父ちゃんと何度も話し合いました。

オランダで、行き慣れた場所なら、多少、トイレの場所は把握してるけれど、旅行先は
全く初めての場所ばかりで、行った先に、スグ、トイレがあるとは限らない・・・。

でも、せっかくいい感じにパンツマンになっているから、長女の気持ちを尊重してあげたい!

・・・と、悩んだ結果、飛行機&電車での移動時はおむつで過ごしてもらい、それ以外は
パンツで過ごすことに決めました。(どれだけ失敗してもいいように、大量のお着替えも持って♪)

そこで、長女とのお約束。

おむつをはいてても、トイレに行きたくなったら、遠慮しないで、お父さんかお母さんに教えてね?と
約束しました。

ランチまでは順調に来てたけれど、お菓子屋さんでオレンジジュースを飲んだからか、
そわそわしだす長女。

ピザをいただいたカフェで、『トイレ!』というので、長女がリクエストするたび(2回)に
トイレに連れて行ってたら・・・・3回目に、遂に、お店のお姉さんに『トイレに行きすぎ!
掃除するから10分待って』と言われてしまいました・・・。

えー!!!

多分、長女も、親のわたしたちのいつもと違う雰囲気を感じ取って、おもらししないように、
と、何度も気配を感じてトイレを申告するも、出そうで出ない・・(涙)。

でも、子供なんだから、スグトイレに行きたくなっちゃうし、これくらい小さい子なんだもん、
そんな怒らなくても・・・と、わたしも父ちゃんもしょぼん、としてしまいました。
もちろん、こんなことを言われたのは初めて。イタリア人って、子供に優しいもんだと
思い込んでたんだけどなぁ。(多分、お店がちょうど混んでたし、水をたくさん使われるのが
イヤだった、とか、子供に汚されるのがイヤだった、とかそんな理由かなあ・・・。)

結局、NO!と言われた後で、また『トイレ!』リクエストがあったので、今度は別のお店に。
でも・・・出ない(涙)。 またしばらくして、『トイレ!』リクエストがあり、今度は出たー!
ふうー、これでひと安心。ほんと、よく頑張った!長女!お疲れさま~。

ランチの後は、バス乗り場に向かいます。

ビーチではみんな夏を満喫中~☆
a0233873_85294.jpg
a0233873_853299.jpg


*つづく*
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-07-27 00:00 | 2012.07 Amalfi | Trackback | Comments(0)

イタリア旅行―2日目アマルフィその2―

**こちらは、2012年7月に行ったイタリア旅行記です**

******************************************

そういえば、この旅行記に次女があんまり登場してないことに気付いた(笑)!
いつも以上に、食っちゃ寝、食っちゃ寝、を繰り返してた次女でした・・・(笑)。

本日最後の目的地、Ravello(ラヴェッロ)までバスで移動します。
a0233873_8153620.jpg


アマルフィからラヴェッロまではバスで30分くらい、かな。

***
ここでちょっと余談。

朝、サレルノからアマルフィ・ポジターノへ行く時は、高速船で行ったけれど、
バスで行くことも可能だそうです。た・だ・し・・・断崖絶壁で、カーナーリー
バス酔いするくらいしんどい道をくねくねうねうね通って行くそうです。ひー。
イタリア版、日光のいろは坂、のような感覚だそうです。

***

a0233873_825978.jpgお昼寝から目覚めて、ピザ食べて、ゴキゲンな次女。

次女は、おなかが満たされてると、それはそれはしあわせ~そうな顔をして、みんなを癒してくれます。外の景色に興味津々。

ちょうどお客さんが少ない時間帯(13:45乗車)のバスだったので、ほぼ貸切状態。

a0233873_8264389.jpg











海って、みるだけでなんでこんなに癒されるのかなぁ。 もう何年も入ってないし、泳いでないけれど、みてるだけで満足♪



1番前の席に座ったので、どんな道を進んでくかがすごくよくわかるんだけど・・・


え!ここバス通れるの?!というような道をひたすら進んでいきます。
しかも、慣れてる運転士さん、おじちゃんと話しながら、片手でハンドルくるくるしちゃったりして、
す、すごすぎる・・・。
a0233873_8294740.jpg


カーブミラーがあるところもたまーーにあったけれど、ほとんどはカーブミラーがないところ。
でも、一方通行じゃない。 てことで、通る前に、「いまから通りますよー♪」のクラクションで
お知らせ。 上手いことタイミングをみて進まないと、いつまでたっても前へ行けないよね・・・(笑)。

旅行の計画中、高速船の情報がイマイチよくわからなかったので、父ちゃんが、
『レンタカー借りてみる?』なんて言ってたけれど、道路事情について、結構難易度が高いという
情報をゲットしてたわたしは、絶対やめといた方がいい!とお願いしました。

うん、レンタカー借りなくて正解だったねーと、父ちゃんとバスで話してました。
これは・・・難易度が高すぎる!!!

(うーん、写真では上手く伝わらないかも。ほんっとにスゴかった! ヘアピンカーブみたいなところも
巧みなハンドルさばきでくるくるーんといっちゃうし、対向車とぶつかるーー!と素人は思っちゃうんだけど、
そこは絶対大丈夫なんだな~。 多分、日本でこういう場所を通ったら、毎度拍手喝采な車内なんだろうな
っていうイメージ。)

こじんまりしてて、とってもかわいらしい街、ラヴェッロ。
a0233873_8382128.jpg


ドゥオーモ
a0233873_8422345.jpg


a0233873_8463991.jpg


a0233873_8482237.jpg


ごみ箱もとってもかわいい!
a0233873_850412.jpg


わたしがどうしても、どうしてもラヴェッロに行きたかったのは、
この景色がみたかったから。
a0233873_0195834.jpg

a0233873_0214694.jpg
a0233873_0215928.jpg
a0233873_0221015.jpg
a0233873_0223066.jpg
a0233873_0225484.jpg
a0233873_023523.jpg


ラヴェッロは、海抜約350mの高台に位置する人口約2000人ほどの小さな街。

この景色は、Villa Rufolo(ヴィッラ・ルフォロ)からの眺めです。

もう、最高すぎる!(いつも思うけれど・・・わたしってボキャブラリーが少なすぎる涙)

気持ちいい!

来れてほんとによかった。連れて来てくれてありがとう。

この、最高すぎるロケーションで、子供たちと写真を撮ろうと試みたけれど・・・
子供たちは、こういう景色には興味なし! そうだよなー(笑)。
親のとびきりスマイルとは正反対の表情で、カメラの方さえ向いてくれず(涙)。

さて、こんな素晴らしすぎる場所で、ステージ発見!
a0233873_0272059.jpg


RAVELLO FESTIVAL(ラヴェッロフェスティバル)といって、芸術の祭典のようです。

こんなところで聴くステージなんて、もう、言葉ではあらわせないくらいステキなんだろうなぁ。
もちろん、演じる方にとっても。

ヴィッラ・ルフォロには、ステキな庭園もひろがっています。
子供たち大喜び!

a0233873_0333623.jpg


a0233873_034115.jpg


a0233873_0342634.jpg


a0233873_527717.jpg


ラヴェッロの街は、観光地化されて、観光客がとっても多いアマルフィの街とはまた違って、
時間がゆ~ったり流れてていて、人々がのんびり暮らしてるような、そんな印象を持ちました。


ラヴェッロからアマルフィへまたバスで帰ります。
ちょうど16:00頃の時間帯のバスだったため、バス停にはすっごくたくさんの人、人、人ー!

満員バスで約30分・・・すっごく長い時間に感じられました。
ぎゅうぎゅう詰めではなかったけれど、人の熱気がちょっとしんどかった・・・。

わたしは次女をおんぶして乗車。次女は途中で爆睡。もちろん座れなかったので、料金ボックスに
しがみきながら、バランスをとって、汗だくになりながら、くねくね道を乗り越えました。 
酔わなくて良かった・・・。

父ちゃんは、長女担当。だっこしていたら、優しいカップルが席を譲ってくれて、無事に座れました。
こういう優しさ、本当にありがたい! 

そして、こういうこともあるので、ベビーカーを持ってこなくてほんとによかったな、と思いました。
ベビーカー持ちだったら・・・満員バスには乗れないだろうから、タクシー、かなあ?

a0233873_045113.jpg無事にアマルフィまで戻って来ました。

バスに揺られて、わたしも父ちゃんもくたくたX_X 寝るとずっしり重たくなる次女。 お、重たい・・・。

長女もいつの間にやら爆睡ちゃん。

ドゥオモの広場まで行き、スムージーを飲んで、ふぅっと一服。 美味しい! しあわせ~

こういう時、スッキリするレモンってなんでこんなに美味しいんだろう。



a0233873_05196.jpg


そして、近くにあったお土産屋さんで、リモンチェッロを購入。
リモンチェッロは、レモンのお酒でなんと30度もある結構強いものらしいです。
父ちゃんがちびちびやるそうです^^*

似たような写真ばっかしだけど・・・えーい、全部のせちゃえー!

アマルフィについに別れを告げます。

アマルフィ、ほんとに短い滞在だったけれど、ステキな景色、たっぷり目に焼き付けたよ。
本当にありがとうー!

a0233873_059655.jpg
a0233873_10189.jpg
a0233873_101213.jpg
a0233873_102453.jpg
a0233873_111527.jpg
a0233873_1127100.jpg


帰りの高速船では、デッキにはあがらずに、室内で過ごしました。
そしたら・・・あっちにもこっちにも日本人観光客がいてびっくり!!

人気の観光地なんだな~^^

そして、日本人観光客で子連れはうちだけだったけれど、他の国の観光客では
子連れが何組かいました。みんなベビーカー持参でバカンス。うん、ステキ!

ビーチで過ごしたり、たっぷり2週間くらい滞在するんだろうなぁ。
わたしたちのように、1日でアマルフィ・ポジターノ(これは滞在したといっていいのか
わかんないけれど笑)・ラヴェッロとまわる観光客はそういないんじゃないかなあ。

天候によっても、高速船に乗れなかったらバスや他の手段での移動を考えなくちゃ
いけなかったし、ピークシーズンだったので、移動手段の混雑具合が想像出来ず、
”行けたら3か所まわりたい”というざっくりプランだったけれど、全部まわることが出来て、
ほんとにほんとに嬉しかった! いつもながら、父ちゃんのプランニング、カンペキすぎる☆さすが!

アマルフィからサレルノに戻って来ると、ちょうど17:30頃。
夜ご飯の場所を決めなければなりません。

昨日行ったピザ屋さんにしようか、という案も出たけれど、
今日のお昼もピザだったし、だんだんピザに飽きてきた・・(笑)。
(明日、ナポリで本場のピザを食べるし、ちょっと他のものを食べてみたい気持ちに。)

新婚旅行で北イタリアに行った時は、毎日イタリアンでも全然胃が大丈夫だったのになぁ・・・。
たった4年?も経ってないのになんだろ、このからだの変化(涙)。

ということで、事前に父ちゃんがリサーチしてくれてたお店に望み(ピザ以外のものも
食べられるレストランであること)を託し、いったんホテルに戻ってシャワーを浴びました。
(そのレストランの営業時間が19:30~だったため)

リフレッシュして、いざお店に向かうと・・ピザしかないところでした。ガーン。

ということで、気を取り直して、ホテルの前の大通りをお散歩しがてら、お店を探すことに。
a0233873_34422100.jpg


ちょっとしたショッピング街になっていて、面白い♪

でも、歩いても歩いても、あるのはカンタンなカフェかピザ屋さんのみ。

もしくは、ちょっとこじゃれた、子連れにはあまり向いてなさそうなレストランか。

もしかしたら、1本なかに入ったところにはレストランやカフェがあったかもしれないけれど、
あまり人が通らないところに行くのはキケンだし・・・と、ひたすら歩きました。

ない、ない、ない・・・(涙)。

なかなか、ここ!というお店が見つからずに、30分くらい歩いたかも。

ここでいっか・・・と半ばあきらめた感じで入ったそこは、日本で言うと、オシャレ居酒屋なような
感じのお店でした(爆)。 結構大きな音量でBGMが流れて、たばこをぷかーっとふかしてる人が
何人か・・・。 でも、通り沿いの席のまわりには誰もおらず、そこに着席しました。

なんだか食欲もあまりなかったし、メニューもお酒やカクテル・ワインは豊富だけど、
お食事系はおつまみのような感じのものしかなくて・・・。
なので、夜ご飯にしては軽食すぎる、パニーニをオーダー。
イタリア語でしかかかれてなくてよくわかんなかったけれど、奇跡的に子供たちも食べれる
ツナのパニーニを当てた~♪ やった☆ 

最初は、”子連れでこんなお店へ入ってしまった・・・”とドキドキしてたけれど、
BGMのおかげで、子供たちが多少ふぎゃーとなってても大丈夫(?)な感じだったし、
たまには、こういうのもいいかも♪ なんて思ったのでした。


イタリアの夜。
オランダよりも早く日が沈むので、なんだかすごく遅くまで遊んでしまった感じがしました。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-07-27 00:00 | 2012.07 Amalfi | Trackback | Comments(0)

【もくじ】イタリア旅行―アマルフィ・ナポリ―

**こちらは、2012年7月に行ったイタリア旅行記です**

******************************************

7月26日(木)~29日(日) イタリア アマルフィ、ナポリ(3泊4日)

 
長女 3歳6ヶ月
次女 1歳9ヶ月


旅程
【1日目】
オランダ Schiphol空港 → (KLM:約1時間半) → フランス Charles-de-Gaulle空港で乗り継ぎ → (KLM:約2時間) → イタリア Capodichino空港 → 電車移動 (約40分) → ホテル泊

イタリア旅行―1日目アマルフィ―

【2日目】
・ポジターノ観光(下船したのみ)
・アマルフィ観光
・ラヴェッロ観光

ホテル泊

イタリア旅行―2日目アマルフィその1―
イタリア旅行―2日目アマルフィその2―

【3日目】
ナポリ観光(観光バスの車窓から)
・昼食:Ristorante Mimi Alla Ferrovia(ミミ・アッラ・フェッローヴィア)
・夕食:L'antica Pizzeria "da Michele"(ダ・ミケーレ)

ホテル泊

イタリア旅行―3日目ナポリ―

【4日目】
イタリア Capodichino空港 → (KLM:約1時間) → イタリア Marco polo空港で乗り継ぎ → (KLM:約2時間) → オランダ Schiphol空港 → 帰国

イタリア旅行―4日目帰国―


ホテル
HOTEL PLAZA Salerno
ホテルのHP
booking.comのHP

こちらのホテルは、ほんとに駅の目の前にあります。駅から徒歩1分?いや、数秒かも。
とっても便利!

朝早くからほぼ1日ずっと移動してたので、ホテルに着く頃にはへろへろでした。
(なんていいつつ、次女と一緒に、移動中に3回も昼寝してしまった・・・)

お部屋のつくりはいたってシンプル。
でも、天井がすごく高いので、広い空間に感じます。

惜しいのが、バスタブがなかったこと。2泊したけれど、シャワールームのみだったので、
子連れ旅ではちょっと大変でした(笑)。(父ちゃんと、それぞれ子供を1人ずつ担当することで解決♪)

そして、朝食はカンタンなパンが出て来たけれど、TWININGSの紅茶が置いてあったのが
すっごくすっごく嬉しかった~!ああ、しあわせ。

******************************************

オランダで過ごす、最初で最後の夏休み!

去年の夏休み、父ちゃんは1人でスイスに旅行に行って来ました。
「また機会があったら、家族でも行ってみたいね~」なんて話してたけれど、
今回の在蘭中は、他にも行きたいところが盛りだくさんなのと、子供たちが高山病にならないか、
気がかりなので、どうやら行けそうにないです・・。すっごく素敵なところと聞いたので、
またいつか、行けたらいいなあ。


この頃は、お友達とも、『夏休みはどう過ごす~?』の話題でもちきり。


ヨーロッパでは、夏といえばバカンス!なので、ローカルの皆さんは、なんと2、3週間も
まとめて休暇をとって、国外に旅行にでかけることが多いんだとか。
太陽をあびながら、のーんびりまったり。贅沢な時間の過ごし方だなぁ。
オフィスでは、毎日誰かがおやすみで、なかなか全員そろわない、と父ちゃんが言ってました。

日本だとそれだけ長く連休を取るのってなかなか難しいよなぁ。


わが家は2回にわけてちょちょっと旅行に行くことに決定。
今回は第1弾です。

a0233873_2341567.jpg


行き先は、南イタリア、アマルフィ&ナポリ!!

リクエストしたのはわたし。

そう、アノ映画、「アマルフィ 女神の報酬」を観たから。

織田裕二が好き!ファン!というわけではないけれど、ちょうど、オランダ赴任が決まってスグに
テレビで映画放送を観て、「おお!オランダに行けば、こんなステキなところに旅行に行けるかも
知れないのか~!」とテンションをあげながら観た映画。この映画は、オールイタリアロケで
作られた映画だそうで、アマルフィという題名がついてますが、他にもイタリアの世界遺産が
たくさん出て来ます。美しい景色にうっとり~。映画の内容も面白かったけれど、景色がよかった!
実際に行った場所がたくさん出てくるっていうのはテンションあがるなぁ。

新婚旅行で北イタリア(ミラノ、ヴェネチア、ローマ、フィレンツェ、ピサ)に行ったので、
いつか、南イタリアに行けたらいいな~と思ってました。

こんなに早く夢が実現出来るとは!

アマルフィの旅行情報があまりなくて、しかも、「イタリア語」という言葉の壁がどーんと目の前に
立ちはだかっていて・・・。結構難航してたけれど、そこはさすが父ちゃん!今回もばっちりな
計画でした。

わが家のプランナーは父ちゃんです。

もう、帰国までの旅行計画は全部決定済み。

1:行く時期を決めて、旅行計画表に記入(これは、オランダに来る前から色々考えてたみたい)

2:愛読書、地球の歩き方等を参考にしながら、フライトや電車などの交通手段の手配、ホテルの予約
  (出発数ヶ月前に完了)
  →この時点で、拠点となるホテルを決めるから、結構なリサーチが必要。

3:ネットで情報収集しながら旅行計画表を作成。(出発数日前)
  →子連れなので、食事がポイント。旅行中に1回は日本食が食べられるように計画。
    食べる場所もだいたい目星をつけてから出発。 ホテル周辺地図や行きたいところも
    ipadに入れたりプリントアウトしたり、頭の中でイメージをする。

こんな流れで1回の旅行が組まれるそうです。
子連れが故に、トラブルが起こらないように、もし起こってしまっても最小限で済むように、
入念な事前リサーチを何度も何度も重ねてるからこそ、
毎回、旅行を心から楽しむことが出来て、無事に帰国出来てるんだなぁ、と、
改めて感謝です。自分の旦那さんながら、ほんとすごい!!

また、時間を見つけてちょこちょこ旅行記を書いていきます。

お楽しみに♪
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-07-26 00:00 | 2012.07 Amalfi | Trackback | Comments(0)

イタリア旅行―1日目アマルフィ―

**こちらは、2012年7月に行ったイタリア旅行記です**

******************************************

7月26日(木)

早く旅行記を書きたい~と思いつつ、なかなか時間が取れずに、あっという間に旅行から
3週間も経ってしまった・・・(これを書いてる今は、8月17日)。

なので、だいぶ記憶が薄れて来てますが(涙)、必死に思い出して、旅行記を書きたいと思います♪
(このところ、「アマルフィ」で検索してブログに遊びに来ていただいてる方が多いようです^^)



1日目。

飛行機に乗っての旅行は、4月のバルセロナ旅行以来なので、約3ヶ月ぶり。

車での旅行の場合は、車に乗るだけ荷物を詰められるので、カナリ楽ちん!
でも、それ以外の場合は、色々頭を使いながらのパッキングになるので大変です。

いつも、出発前日の夜、子供たちを寝かしつけて、家事も全部終えてからのパッキングに
なるけれど、これが時間が掛かる掛かる・・・。父ちゃんは自分のことは自分でやってくれるので
ノータッチでOK♪ わたしは自分のと、子供たちのモノを用意するけれど、行き先や現地の気候に
応じて、服やおむつ、おもちゃ、おやつなどなど、おうちのなかを行ったり来たり。

急いで準備してるつもりでも、気付けば0時をまわってることもしょっちゅう。今回、時間をはかってみたら、
なんと2時間!ひょえー! ”なくなったら、旅先で買えばいいや~♪”と気軽にいくことが出来ないのが
海外子連れ旅行。 親の荷物は必要最小限に、子供たちの荷物は、あまるのはOK、足りないのは
困る!なので、毎回大変です(涙)。

今回も早朝フライト。

朝5:00過ぎのバスに乗って、空港まで向かいます。
ベビーカーは持って行かないことにしたので、必殺☆エルゴ2つを持って。

スキポール空港からナポリへの直行便はあるけれど、ちょうどいい時間がなかったので
行きも帰りも乗り継ぎです。

行きは、まずはパリ シャルルドゴール空港まで1時間半ほどのフライト。
これくらいの時間なら余裕~♪ シャルルドゴール空港はとってもオシャレな感じでした。

お土産が欲しいな~と思いながらも、次のフライト時間があるので、我慢我慢。

お次は、ナポリの空港まで約2時間ほど。途中、子供たちが寝てくれたので、
わたしもお昼寝・・・。

無事、ナポリ空港に到着したのがお昼頃。空港のカフェスペースでパスタを食べました。
うん♪ さすがイタリア!美味しかった~!

空港からナポリ中央駅までAlibusで向かいます。

Alibusは、ナポリ空港→ナポリ中央駅→ムニチーピオ広場(港)に停車し、約30分間隔の運行で
空港から中央駅まで、所要時間約20分で到着だそうです。(地球の歩き方より)

バス停留所には時刻表がなかった・・・(見つけられなかっただけなのかもだけど、
さすがイタリア!と、父ちゃんと話してました。ちょうど行ってしまったところだったのか、ひたすら
待ったよ・・・)。

わたしたちは、中央駅でおりそびれてしまい、ムニチーピオ広場まで行ってしまいました。
その後、また中央駅に戻ってきたので、今度は無事に下車。

中央駅からは、イタリア国鉄に乗って約40分、Salerno(サレルノ)へ向かいます。

(サレルノへの行き方は、電車以外にもフェリーという方法もあるんだそうです。)


次女がお昼寝したので、わたしもまたまたお昼寝・・・。

やっとこさっとこ、ホテルに到着~!

朝5:00頃おうちを出発し、ホテルに到着したのが16:15頃。ひょー。
さすがに遠かった。1日中移動してたなぁ。

バス→飛行機その1→飛行機その2→バス→電車 ・・・ 

長女は『きょうはのりもの、たくさんのったね~!』と言ってました。ほんとにほんとにお疲れさま!

サレルノ駅
a0233873_740431.jpg


ホテルは、サレルノ駅のほんとに目の前なので、チェックイン後はちょっと休憩~

わたしが子供たちとホテルでふーっと一服してる間、父ちゃんは、
『ちょっとその辺歩いて、明日のフェリー乗り場チェックしてくるわ~』と、
カメラ片手に下調べに行ってくれました(涙)。父ちゃんこそ、疲れてるだろうに・・・(涙)。

そして、こんな写真を撮って来てくれました。
a0233873_747210.jpga0233873_7482664.jpg



a0233873_7492755.jpg


おおー!テンションあがる~!!


そして、お散歩で見つけて来てくれた、ピザ屋さんがステキな感じだったので、夜は
そこでいただくことに♪




La Madegra
a0233873_7534816.jpg

トリップアドバイザーのHPはこちら

海をみながら食べるのって、すっごく贅沢な気分☆
a0233873_758910.jpg


ピザをオーダーしたら、期待通り♪ お味ももちろん、美味しいー!しあわせ~♪
a0233873_7583540.jpg



何のリサーチもせずに偶然入ったこちらのお店、どうやら、ツアーでも使われるような
お店だったようです。わたしたちが入った時は、だれもお客さんがいなくて、あれれ?と
思ったけれど、18時頃になったら、韓国人の団体客さん、総勢30名ほどがずらずらーーっと
入店。テラス席もあっという間に満席に! 添乗員さんや店員さんが動き回ってました。

サレルノで、アジア人に囲まれて・・・なんだか不思議な感じだったなぁ(笑)。

おなかがいっぱいになった後は、ホテルに戻って、早めに寝ました。
おつかれさまー!
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-07-26 00:00 | 2012.07 Amalfi | Trackback | Comments(0)