カテゴリ:2012.05 Versailles( 1 )

フランス旅行―2日目ヴェルサイユ宮殿―

**こちらは、2012年5月に行ったフランス旅行記です**

******************************************

5月18日(金)

2日目。

名残惜しいけれど、モンサンミッシェルに別れを告げて、8:00頃ホテルを出発しました。

お次の目的地はヴェルサイユ宮殿!

4時間ほどで今夜泊まるホテルに到着しました。
ホテルに車をとめて、チェックインして、ヴェルサイユ宮殿までは歩いて向かいます。

途中、パリの街中らしきところを走っている時に、ちらっとエッフェル塔がみえた!
写真におさめたくて、一眼レフをごそごそ準備してる間に、あっという間にみえなくなっちゃって残念。

ホテルの近くは、ちょっと複雑な交通事情で、道は狭いし、一方通行も多く、運転しづらそうでした。



ヴェルサイユ宮殿にむかって、てくてくお散歩だよ~
a0233873_2314061.jpg


最近、長女がますますしっかりしてきて、こうして次女の手をつないでてくれるようになりました。
a0233873_232580.jpg


ヴェルサイユ宮殿に着いたのが13:00頃になってしまったので、早速昼食♪
a0233873_2335311.jpgLa Petite Veniseというレストランで食べました。

とってもオシャレなレストランで、結構人が入っていました。

イタリアンをベースとした料理があって、子供たちが大好きなパスタをオーダー。
肝心のお料理の写真は、子供たちのお世話でバタバタしていて撮れなかったのでないけれど、とっても美味しかったです^^ それから、トマトスープもオーダーしたんだけれど、これがとにかく美味しかった~!




さて、いよいよヴェルサイユ宮殿内を散策します。

が、とにかく広すぎるヴェルサイユ宮殿。見どころもいろいろあるので、
本当は出来るだけ多くの場所をまわりたいし、行く前に一生懸命予習した(笑)ので、
マリー・アントワネットや堅苦しい宮廷生活に疲れた王家の人々が息抜きにしたという、
マリー・アントワネットの離宮も行きたい!

でも・・・・観光客もとにかくたくさんいるし、子連れなので、悩んで悩んで、
ヴェルサイユ宮殿&庭園のみにしようと、目的地を絞りました。

宮殿内の移動手段は3種類。
1つめは徒歩、2つめは、petit train(プチトラン)という、ミニ列車。
そして、3つめは、レンタル電気自動車。電気自動車は、ゴルフカートみたいな感じで、
自由に移動出来るようで、あちこちでみかけました。とってもかわいい♪
a0233873_23434983.jpg

長時間ヴェルサイユ宮殿に滞在可能であれば、こういったものに乗ってみるのも
楽しいと思います^^

a0233873_23493954.jpg


a0233873_2352996.jpg


a0233873_23522937.jpg


厚い雲が・・・(笑)。でも、雨が降らなくて良かった!
a0233873_2353957.jpg


a0233873_23542485.jpg


a0233873_23544917.jpg


やっぱりここでもお砂場遊びをしてました^^
a0233873_2356886.jpg


オランダに来てから、こうして、パパがベビーカーを押す姿をよく見かけます。
うん、かっこいい~♪イクメン^^
a0233873_23574183.jpg


ヴェルサイユ宮殿
a0233873_2357888.jpg


庭園をぐるっとまわり、子供たちも、階段をのぼりおりしたり
(もちろん、他の人の邪魔にならないように、しっかりと見守りながら)、
てくてくお散歩をして、満足したようなので、いよいよ宮殿内へ入ります。

みると、入場するために、長蛇の列。

いつもなら、最後尾付近にはたいてい係員がいて、ベビーカーをみるなり、
優先入場させてくれるんだけれど、係員、見当たらず。
列をみると、ベビーカーの人もちゃーんと並んでる・・・
ということで、30分くらい並びました。その間に子供たち2人ともお昼寝。

入場時に空港にあるような、手荷物検査がありました。
で!ここで気付いたことが。
わたしたちはチケットを持ってませんでした。
(入場口でチケットが買えるもんだと思ってた・・・)

チケットがないことを伝えると、別の建物(以下左の写真参照)に
チケット売り場があるから、そこで買ってくるように指示されました。
わたしは子供たちとその場で待機し、父ちゃんがチケットを買ってきてくれました。

オンラインでもチケットが買えるようなので、事前にそれを持って行くか、
チケット売り場で買ってから、入場口に並ぶようにしましょう。
a0233873_648331.jpg




相変わらず、スゴイ雲・・(笑)。そして、キラキラ~☆
a0233873_6593456.jpg


a0233873_701974.jpg


なんとなんと!ヴェルサイユ宮殿は、ベビーカーは持ち込み禁止なので、
入り口で預けなければいけません。ガーン。しかも、よりによって、2人とも爆睡中。
こんな時のために(?)、強~い味方、エルゴを2つ持っているので、父ちゃんとそれぞれ
分担して1人ずつおんぶをして入場しました。ほんと、エルゴがなかったら、どうなってたことか・・・。

そして、入場♪
a0233873_715053.jpg

おおぉ~・・・

2人とも爆睡なので、今までの観光地では実現しなかった、
オーディオガイド(無料:11ヶ国語に対応で、日本語もあり!わーい♪)を聞きながら、
優雅に見学することが出来ました。嬉しい~!そして、勉強になるなぁ。


中はとにかく煌びやかで、こんなところに毎日住んでみたい・・・とは思わなかったかも(笑)。
a0233873_754225.jpg


a0233873_783180.jpg


a0233873_785691.jpg


a0233873_719429.jpg


ヴェルサイユ宮殿の中で、最も有名な場所、「鏡の間(または、鏡の回廊)」
a0233873_7244831.jpg


a0233873_7293458.jpg


a0233873_7302376.jpg

1つ1つがすごく豪華で、歩くとき、なんだか緊張してしまいました(笑)。

そんな、キラキラな鏡の間から見える庭園の景色。
a0233873_7333243.jpg


マリーアントワネットや王家の人々は、この窓から見える景色をみて、
何を想ったんだろう。
a0233873_7425042.jpg


ナポレオンの戴冠式
a0233873_7454044.jpg


ルーブル美術館でみた、同じく「ナポレオンの戴冠式」との違いを実際に目で見て確認出来ました。

なるほど~、おもしろかった!


宮殿内は、とにかくすごく人が多くて、特に、3歳くらいまでの子供を連れた家族は、
ゆっくりみる、というのはちょっと難しいかな、という印象を受けました。

人がすごく多いのに、通路が狭かったり、写真を撮りたい人と、前へ進みたい人、
ツアーで団体客の皆さん(ガイドさんが立ち止まって説明していたりする)がいたりして、
思うように進めないこともしばしば。人が多いので、熱気がムンムンしてるし、暑い・・・。

なので、今回、2人とも爆睡中に宮殿内を見学出来たというのは、本当にラッキーだったなぁと
思います。起きてたら・・・多分・・・ぐずってしまって見学は無理だったんじゃないかなぁ。
あとは、迷子になりそうになってたかも。

宮殿内には、LADUREE(ラデュレ)のブティックもありました。
パリに行ったときは、あまりの混雑っぷりに素通りしたので、どんなものかとお店を覗いてみました。
かわいい~!大好きな色、パステルグリーンがとってもかわいくてオシャレ。
女子にはタマラナイ場所だな~と思いました♪

a0233873_7572742.jpg


a0233873_7582046.jpg


ゆっくりと見学が出来て、満足したから出よう、ということになり、預けていたベビーカーを
受け取りに行ったら、子供たち、2人ともお目覚め。なんと親孝行な2人なの(涙)!!


宮殿を出てスグのところにあった、ブラッスリー(庶民的なレストラン)に入ってみることに。
a0233873_802188.jpg


なぜなら・・・メニューにピザがあったから♪
こういうところは子連れにはとってもありがたい。

日本で言うとファミレスみたいな感じかな?

それから、オムレツとムール貝もオーダー。
でも、このムール貝は、ちびっこムール貝でした。
ブリュッセルで食べたムール貝が忘れられない~~

おなかもいっぱいになって、満足満足♪

途中、ぱらぱらと小雨が降ったりやんだりという、変な天気でしたが、
歩いてホテルまで戻りました。

滞在先のホテルでの楽しみの1つ。まったりタイムに、テレビを観ること♪
パリに泊まった時は、日本のテレビ、JSTVが観れたので、他のところでも観れないか、
毎回期待してるんだけれど・・・毎度裏切られてます(涙)。ぐすん。

でも、今回、アニメ専門チャンネルでワンピースが観れました!
こっちでもワンピースは人気なのかな?

今回、ヴェルサイユ宮殿に行くにあたって、歴史の勉強をし直しました(笑)。
そして、マリー・アントワネットという人物にすごく興味を持ちました。
少し前に、映画にもなったようなので、また機会があったら、是非観てみたいと思います。
それから、ベルばらも読んでみたい!
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-05-18 00:00 | 2012.05 Versailles | Trackback | Comments(0)