カテゴリ:2012.04 Paris( 4 )

フランス旅行―パリ3日目―

**こちらは、2012年4月に行ったフランス旅行記です**

******************************************

4月9日(月)

3日目。

今日もお目覚めバッチリ♪

徒歩で、パレ・ガルニエ(オペラ座)へ。
a0233873_449712.jpg


う~ん、ステキ!こういうところで、バレエやオペラをみてみたい!

a0233873_15485771.jpgパリにはユニクロもあるんだね~♪

パリの街並みにこうしてカタカナを発見すると、とっても嬉しくなるなあ。



Galeries Lafayetteでお買い物がしたくて、はりきって、9:30OPENにあわせて
お店に行ったら・・・・イースターの影響なのか、10:30OPENとのこと(涙)。

ガーン。

ということで、歩いて、オルセー美術館を目指します。

朝のお散歩、とっても気持ちがいい♪
a0233873_15495450.jpg

a0233873_15535058.jpg

到着♪

・・・?人が少ない。


朝だからか♪・・と思っていると・・・・!!!!!

なんとなんと。月曜日休みでした。ガビーン。ショック。

ここまで30分くらい歩いてきたんだけどなあ・・・(涙)。

イースター関係なく、オルセー美術館は、月曜日が休館日だったようです。
地球の歩き方を持ってたけれど、休館日を確認せずに行ってしまいました。

ま、いっか~♪ わたしたちのほかにも、到着してから、”えー!!やってないやん(涙)。”て人を
たくさんみかけました(笑)。あ。それか、やってないって知ってたけれど、せっかくパリに来たから、
外観だけでも、って見に来てたのかな?

オルセー美術館に向かってる途中は、父ちゃんと2人で、イントロクイズをしながら
お散歩してました。懐かしい気分にタイムスリップ♪

さて、途中にある、チュルイリー公園で長女を遊ばせた後は、ホテルをチェックアウトして昼食に。

こちらのホテルは、チェックアウト後でも荷物を預かってくれるとのことだったので、
スーツケースは置いてでかけました。こういうのってすっご~く助かる♪

また、スーツケースをとりに戻らないといけないので、あまり遠くにはいけません。
歩いていたら、日本語も併記されたカフェをみつけたので入ってみることに。

ROYAL OPERA
a0233873_16112766.jpg
a0233873_16145626.jpgお昼からボリューミーでした(笑)。ふいー。おなかいっぱい♪ 

こちらのお店は、テラス席もあって、日本語メニューがテーブルに置かれているので、日本人のお客さんも多かったです。メニューを見て、それが何かわかるって、やっぱり安心だもんね。

店員さんは、『コンニチハ』や『オカイケイ、アリガト♪』など、カタコトの日本語で接客してくれました。


a0233873_16161795.jpga0233873_16311333.jpg


おなかがいっぱいになった後は、Monoprix(モノプリ)でお買い物。

食料品だけでなく衣料品や生活雑貨、キッチン用品、コスメなどの
取り扱いがある総合スーパーです。

旅行中、どうしてもビタミン不足になる子供たちのために、バナナやみかんを購入。
あとは、お水。

昨日もモノプリでヨーグルトを買いました。

こういったスーパーがあるのはほんと心強い♪
それに、海外のスーパーって、日本では見かけないモノが色々あるし、
オランダとはまた違った商品展開だったりして、みてるだけでも面白い♪

詳しくはこちら


お次は、Galeries Lafayetteへ向かいます。

ここでの目的は、Mariage Frères の紅茶を買うため♪

駐在先輩のご家庭でいただいてから、大好きになりました。
調べてわかったんだけれど、日本でも大人気だし、もちろん、帰国後も買えるんだとか。
(ただし、日本で買うとカナリ高いみたいだけど・・)

本当は、本店に行こうとしたんだけれど、まだまだ紅茶初心者のわたしには、
デパートで揃えれるもので十分じゃないか?と思って。

そしたら、その通り♪ 定番のマルコポーロはもちろんのこと、お友達にすすめてもらった
アールグレイインペリアルもあるし、ほかにもほうじ茶とかもあった~!
ティーパックも茶葉も両方取り扱ってるし、本店まで行かなくてもこれで十分!大満足♪


おなかがいっぱいになった子供たちは、気付いたら夢の中でした。
ということで、スタバでお茶をしてから、オープンツアーのバスに乗ることに。

写真は撮ってないけれど、さすが観光地パリのスタバとだけあって、何か国語かの
言葉で”Welcome”が書いてありました。もちろん、日本語で、”ようこそ”とも書いてありました。




オープンツアーのバスに乗ったはいいけれど、途中で運転手さんの交代があったり、
1つのバス停でなぜか長いこととまってたこともあって、なんとパリ北駅に到着したのが
Thalys出発10分前。ひーーー!!!思ったよりも時間がかかってしまった。


ということで、バスを降りるなり、子供たちをベビーカーに乗せて、わたしはベビーカーを、
父ちゃんはスーツケースを押して、全力疾走しました。


セーフ!ふい~。間に合った♪


また、約3時間かけてオランダに戻ります。

しっかりお昼寝した子供たちは、Thalysの中では、ハイテンション~♪
全く寝る気配なし!あっという間にオランダに到着しましたとさ♪

おうちに着いたのは20:30頃。

近頃、また日が伸びたので、まだ明るい!なんだか不思議な感じでした。

今回も、大きなトラブルなく無事にオランダに帰国することが出来てほっとひと安心。
最終日はバスに乗ってた時に結構雨が降ってたし、3日間通してとにかく寒くて(涙)、
それが残念だったかな~。3日間とも小雨&どんより曇り空だったもん・・・。

世界有数の観光地とだけあって、やっぱりスリや置き引きが怖くて、うちに帰ったときは
ほっとしました。

でも、憧れのパリに行くことが出来て嬉しかった!!
ステキな景色をたっぷり堪能出来ました^^

今度は、近くまで来て行くのをやめちゃったノートルダム大聖堂やお買い物、
そして、美味しいスイーツ食べ歩きをしたいな。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-04-09 00:00 | 2012.04 Paris | Trackback | Comments(0)

フランス旅行―パリ2日目―

**こちらは、2012年4月に行ったフランス旅行記です**

******************************************

4月8日(日) 

a0233873_22374455.jpg
2日目。

今日は、ルーヴル美術館からスタート! ホテルから歩いて向かいます。

今日もお天気が微妙(涙)。
昨日に引き続き、曇ったり晴れたり、の繰り返しで、途中小雨がぱらつくことも。


これは、ルーヴル美術館の中から撮ったものですが、とにかく、人、人、人~!でした。

ちょっとだけ朝寝坊してしまったので、並ぶの覚悟で最後尾についていたら、
係員さんに、『priority!』と言われて、特別に最前列に連れて行ってくれました。
子連れでベビーカーを押してたから優遇してもらえたのかな?
すっごく嬉しかった!

a0233873_22435070.jpg
有名な、ルーヴル美術館のピラミッド

入り口は、このピラミッドの下になっています。

さすが、世界最大級の美術館だけあって、入り口でセキュリティチェックがありました。
(Priorityのわたしたちは、特にセキュリティチェックを通らなかったけれど・・・?いいのかな?)

a0233873_22482448.jpg

ピラミッドの下の入り口へは、こんなリフトで移動します。
(この写真は、入り口があるフロアまで下りてきた後の写真です。)

なんだか、結婚披露宴のゴンドラみたい(笑)。貴重な体験をしました^^


大英博物館のように、とにかくひろーーいルーヴル美術館。
人も多いし、子供たちのゴキゲンもあるので、絶対見たいものだけ、数を絞って
次から次にみてまわりました。

ルーヴル美術館には、日本語のガイドブック(もちろん無料)をはじめ、何か国語かの
ガイドブックがありました。

a0233873_22524620.jpg

まずはモナ・リザ。
すごい厳重警備!そして、モナ・リザのまわりには、人、人、人~!!

左側にちょん、とみえるのがモナ・リザです。
想像してたよりも小さかった!

ルーヴル美術館は、フラッシュをたかなければ、基本的に写真撮影OKです。
が!あちこちからフラッシュが・・・(涙)。



レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」
a0233873_22572038.jpg

防弾ガラスでまもられているし、近くに立ち寄れないようになっているので、
細かいところまではみられなかったけれど、みればみるほど不思議な絵です。

a0233873_22584217.jpg
注意書きも、こんな風に書くと、とっても面白い♪

a0233873_2311911.jpg


ダヴィッド「ナポレオンの戴冠式」
a0233873_2365234.jpg
こんな秘密があるそうです。

わ~、知らなかった!

今度、ヴェルサイユ宮殿に行ったら、確認してみよう。

a0233873_2311433.jpg


a0233873_23123829.jpg


ウジェーヌ・ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」
a0233873_23161846.jpg


a0233873_23175192.jpg


「ミロのヴィーナス」
a0233873_23183960.jpg


貴重な後ろ姿
a0233873_23203573.jpg


ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「ダイヤのエースを持ついかさま師」
a0233873_23264183.jpg


a0233873_2328777.jpg


ヨハネス・フェルメール「レースを編む女」
a0233873_23284253.jpg


小ささにあまりにもびっくりして、思わず、『ちっちゃ!』といっちゃった作品。
この女の子の息遣いが思わず聞こえてきそうな1枚。



a0233873_23362270.jpg大英博物館もそうだったけれど、今回のルーヴル美術館も、館内はこのようなLiftがあります。

中には、近くにLiftがなくて、子供たちをおろして、階段(といっても4、5段くらい)をのぼりおりせざるを得ない場所もあったけれど、たいていは、こうして小さなLiftがあります。

ちょっと面白くて、思わずパチリ。

日本ではなかなか馴染みがない、気がするなあ。


ルーヴル美術館、かけあしでみてまわったけれど、大迫力でした。
美術のことはあまりよくわからないわたしだけど、これまで教科書でしかみたことのなかった
作品を実際にみることが出来て嬉しかったです^^


a0233873_23491457.jpg

ルーヴル美術館の後は、スグそばにひろがるチュルイリー公園にて、子供たちを遊ばせます。

ジョギングをする人、写真撮影を楽しむ人。

こんな風に、エッフェル塔を眺めながら過ごす時間って、なんて贅沢なんだろう。

a0233873_23505899.jpg

長女はひたすら走り回り、次女はひたすら鳩を追いかけてました(笑)。

そして、父ちゃんは子供たちを見守り、わたしはカメラを手に取り、決定的瞬間を狙う。


おなかが空いたので、近くの売店でフランスパンのサンドイッチを買って昼食にしました。
写真を撮り忘れてしまったけれど、フランスパンってかたいし、カナリおなかいっぱいに
なりました♪

その後は、2人乗りベビーカーを置きにホテルにいったん戻って、オープンツアーのバスに乗車。


a0233873_031133.jpgこんなかわいいラッピングバスも発見♪ 

長女はみるなり、『バズー!!』と嬉しそう^^




セーヌ川クルーズをしよう♪ということで、今回は、乗り降り自由な水上バス、バトビュスに乗船^^



a0233873_013317.jpgこんな感じ。

バトビュスのほかにも、セーヌ川クルーズの船はいくつか種類があるようで、いくつもの船とすれ違いました。

こういう川や運河をみると、第2の故郷、オランダを思い出すのは・・・すっかりオランダにそまってる証拠でしょうか(笑)。なんだか、落ち着くんだよなあ。


a0233873_0111163.jpg停留所はこんな風にイラストでかかれていて、とってもかわいい♪

バトビュスにのって、いよいよ、エッフェル塔を目指します。



a0233873_0185267.jpg船内はこんな風に、天井もガラス張りになっていて、眺めが最高♪ もっといいお天気だったら、いうことなしなんだけどなあ(涙)。

子供たちは、初めての船でした。
でも、怖がったりすることなく、楽しんでいる様子でほっとひと安心。



バトビュスをおりて、階段をのぼったところに・・・エッフェル塔がどーん!
a0233873_0243551.jpg


んー、でも、エッフェル塔のイメージって、これじゃない。なんか違う・・

と、てくてく歩いていくと、シャン・ド・マルス公園があり、
さっきと反対側からエッフェル塔を撮ってみると、こんな感じ。

そうそう!これこれー!!

やっぱり、こうでなくっちゃ♪

ただ・・・このどんより曇り空なのが、本当に残念。
青空の下でもう1度写真を撮りたいなあ(涙)。

a0233873_0344273.jpg



a0233873_0281369.jpg

子供たちはというと・・・お砂場遊びに夢中(笑)。
ここらへんの砂はサラサラでとっても気持ちがいいみたい。
2人とも、スグそこにエッフェル塔があるというのに、それには全く興味がないようで、
ひたすら、砂で遊ぶ、遊ぶ。

次女なんて、砂を手に持ったまま、顔のあちこちをさわったようで、顔中真っ白けに(涙)。

しばらく2人の好きなようにさせていたら、全身真っ白けになってしまいました(笑)。

エッフェル塔を背景に、お砂場遊び。
なかなか出来ることじゃないもんね。

これも、いい思い出の1つだな^^

エッフェル塔を後にして、オープンツアーのバスに乗って、ホテルに戻ります。

行きもそうだったけれど、2階にのぼることが出来ました♪

眺めは最高~!とっても気持ちがいい^^

ただ・・・寒い!!
ブランケットを持って行って正解でした。

今回のパリ旅行、3日間全て寒かったです。
気温も連日10℃くらいしかあがらなかったんじゃないかな?

2月末のロンドン旅行のがあったかかった気がする。


a0233873_050576.jpgバスに乗っていたら、結婚式なのかな?と思われるカップル発見。

パリはどこを撮っても画になるけれど、花嫁さんがみれるとは。

とってもしあわせな気持ちになれました♪



アンヴァリッド(廃兵院)
a0233873_143967.jpg

車窓のみ。ここにナポレオンがねむっているそうです。



ホテルに戻って一服した後は、夕食を食べに出かけます。

今日は、国虎屋

昨日、サッポロラーメンでご飯を食べた時、18:30頃だったけれど、既に行列が出来ていたので、
18:00頃に到着するようにホテルを出たんだけれど・・・既に行列が出来てました。

並んでる顔ぶれは、うちと同じように、やっぱり子連れが多かったかな。
うどん屋さんなら安心だもんね♪

a0233873_112516.jpgどうやら、このうどん屋さん、オーナーは四国出身とのこと。

店内に入るなり、おだしのい~い香りとともに、元気な『いらっしゃいませ~♪』という声が。

思わず、ここがどこの国なのかがわからなくなったほど。懐かしい!

メニューの中に、「冷やし動物園」とか、「冷やし豆動物園」というのがあって、と~っても気になったのだけれど、大好きなてんぷらうどんに決定♪




a0233873_116051.jpg天ぷらうどん、と~っても美味しかった♪ おつゆもとっても美味しかった♪ 子供たちも、久しぶりに食べるうどんに大満足だったご様子。

やっぱりうどんはいいね~。うんうん。

とっても美味しかった!オススメの場所です。

また、パリに行けたら、ここに行きたい!

子連れでフランス料理を食べる、となると、結構敷居が高かったりするので、今回の旅行は2日連続で日本食でした。でも、せっかくだから、フランスならではのカフェにも行ってみよう!ということで、最終日の昼食はカフェに行くことに決定♪

さて、今夜もぐっすり、おやすみなさい~☆
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-04-08 00:00 | 2012.04 Paris | Trackback | Comments(0)

【もくじ】フランス旅行―パリ―

**こちらは、2012年4月に行ったフランス旅行記です**

******************************************

4月7日(土)~9日(月) フランス パリ(2泊3日)

長女 3歳2ヶ月
次女 1歳5ヶ月


旅程
【1日目】
オランダ Amsterdam CS → (Thalys:約3時間) → フランス Gare du Nord

・シャンゼリゼ通り
・凱旋門

ホテル泊

フランス旅行―パリ1日目―

【2日目】
・ルーヴル美術館
・チュルイリー公園
・バトビュス乗船
・エッフェル塔

ホテル泊

フランス旅行―パリ2日目―


【3日目】
・Galeries Lafayette
・チュルイリー公園

フランス Gare du Nord → (Thalys:約3時間) → オランダ Schiphol空港 → 帰国

フランス旅行―パリ3日目―


*Thalysは、Amsterdam CSの次がSchipholです。
行き方として、2つあります。
1.メトロでAmsterdam CSまで行ってThalysに乗る
2.バスでSchipholまで行ってThalysに乗る

CSまでは、メトロで40分くらいだし、Schipholまでは、バスで30分くらい。
ん~、どっちも同じくらいかなー。

今回は、行きと帰りで変えてみたけれど、バスの方が空いてる、という印象かな。
帰りのバスの車内は、イースター休暇で旅行に出かけてる日本人ばかりで、
半分くらいが日本人でした。ビックリ!幼稚園の同じクラスのお友達にもばったり遭遇。

日本人駐在員が多く住む街を通る路線ということもあるかな。
車内ではあちこちで日本語が飛び交ってました(笑)♪

ホテル
Mansart
ホテルのHP
Booking.comのHP

こちらのホテルは立地条件がとっても良かったです。
ルーヴル美術館、オペラ座、チュルイリー公園、全部徒歩圏内です。

荷物やベビーカーを置きにホテルにいったん戻って、ということが出来るので、
子連れのわたしたちにはとってもありがたかったです。

それから、とっても嬉しかったのが、JSTVが観られること!
それだけ、日本人宿泊客が多いってことかしら?ホテルのHPに日本語表示があったことには
びっくり。

JSTVとは、欧州・中東・ロシア・北アフリカで唯一の日本語衛星放送局のこと。
海外在住の日本人にとっては、とっても心強いんです。

もちろん、オランダでも視聴可能ですが、わたしたちのフラットでは、アンテナの向きが
対応していないとかで、視聴不可。

ドラマが大好きでなわたしは、録画していろんなドラマを夜な夜な観ていました。
でも、オランダでテレビなし生活をしてみて、なきゃないで生活出来るもんなんだな~と、
当たり前だけれど、改めて実感している毎日です。

もちろん、今の時代、Youtube等で日本のニュースやドラマ等は簡単にみれるけれど、
テレビでリアルタイムなニュースを観たのが久しぶり(というほどでもないけれど笑)で、
すっごく懐かしい思いがしました。笑点やおかあさんといっしょがみれてすっごく嬉しかった~!
(おかあさんといっしょ、まゆおねえさんから新しいおねえさんになってたの、初めて見た!
残念ながら、パント!のコーナーは観れなかったけれど、涙)

******************************************

ロンドンと同じように、オシャレな街だと聞いていたパリ。
ほんとにオシャレ~☆でした。

Thalysで3時間15分くらいで行くことが出来るので、
それこそ、頑張れば日帰りでお買い物♪も可能な距離だと思います。
(子供をパパに預けて、ママだけでお友達とパリにお買い物をする、という
”ママパリ”という言葉もあるくらい。ステキ~!羨まし~♪
帰国前に、お友達と行きたいと、父ちゃんにリクエスト&承諾いただきました!ワーイ☆)

a0233873_18494218.jpg


Amsterdam CS→Schiphol→Rotterdam→Antwerp→Brussels→Gare du Nordです。

CSからAntwerpが1時間くらい、AntwerpからBrusselsが1時間くらい、さらに、
BrusselsからGare du Nordまでが1時間くらい、という感じです。

パリも、ロンドンと同じように観光名所がいくつかあって、お買い物も楽しい場所。
今回はイースター、ということで、お店がしまってることも多いと聞いていたし、
なにより、初めてのパリ!まずはやっぱり観光でしょ♪ということで、観光に重点を置いての
旅行になりました。

凱旋門にエッフェル塔、やっぱりかっこよかった!!
ルーヴル美術館は美術について全く知識がないわたしでも感動しました。

それに、フランス語もオシャレ。何言ってるかさ~っぱりわからないんだけれど、
ひとまず、ボンジュールとメルシーだけ覚えれました(笑)。

ロンドンとはまた違う雰囲気で、パリもまた、とってもステキなところでした。
とってもオシャレ!だけど、住みたいか?となると、ん~、緊張しちゃうかなー。
やっぱり田舎(笑)!なオランダが1番☆車窓から、牛や馬の姿や風車がみえたりすると、
ほんわかほっこり、とっても落ち着くわたしなのでした。

そして、父ちゃんは、今回も行程表を作ってくれました。ありがとうー!!!


またまた長い旅行記になると思いますが、どうぞお付き合いくださいませ。
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-04-07 00:00 | 2012.04 Paris | Trackback | Comments(0)

フランス旅行―パリ1日目―

**こちらは、2012年4月に行ったフランス旅行記です**

******************************************

4月7日(土)

日本ではあまり馴染みのない、イースター

キリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだ
イエス・キリストが三日目に復活したことを記念するそうです。

毎年日にちが違うそうで、今年は4月8日。
会社がお休みになるので、”イースター休暇”として、旅行に出かけたり、
一時帰国をする人が多いそうです。


*****************************************
a0233873_19232517.jpg1日目。

10:16発というちょっとゆっくり目な出発だったので、余裕がありました。

Schipholに到着すると・・・なんと!同じ車両の斜め後ろに、同じ会社のご家族が!
しかも、前方にはもう1組いらっしゃって、もうびっくり~!

Thalysはいくつも車両があるのに、ほんとにスゴイ確率(笑)!!びっくりしました。


Thalysに乗るのは今回が2回目。
前回は、クリスマスマーケットの時です。

その時は、1等車だったので、車内販売があったけれど、2等車の今回は、残念ながら、
車内販売がありませんでした。でも、Thalysには、「Thalys Bar」という、カフェがある車両があるので、
パンやサンドイッチ、コーヒーなど、軽食を買うことは可能です。(ただし、高い涙。)

子供たちの相手をしていると3時間15分なんてあっという間!
特に、次女は好奇心旺盛で色々と遊びたい時期なので、とにかくタイヘン・・・。

他の乗客に迷惑にならないように、あれこれ次々に必殺技を出すわたしたち(笑)。

子連れ旅行は荷物も多いし、とにかく大変。
大人でさえ、旅行に行くということは、時にストレスのかかる場面もあるし、
とっても疲れるので、子供たちにだって、当然負担は大きいハズ。
(実際、旅行中は、2人ともお昼寝回数がぐん、と増えます。)

でも、それでも、オランダにいる今しか見られない景色をみたいし、みせてあげたい。
それに、そうまでしてでも、絶対に行きたいところが、たくさん、たくさんあるんです。

わたしたち大人のワガママなところも多少あるので、くれぐれも、子供たちには
なるべく負担がかからないように考えて、旅行計画をたててます。
Gare du Nord(パリ北駅)に到着したら、パリオープンツアーのバスに乗車して、ホテルに向かいます。

これは、2階建てバスで、パリ市内の様々な観光スポットで何度でも自由に乗り降りが出来る
バスツアー。しかも、日本語オーディオガイドの解説付き♪(2人の相手に必死で、優雅に
ガイドを聞いてる余裕はほぼなかったけれど笑)

今回、パリ旅行を計画するにあたって、周りのお友達から情報収集したところ、
『とにかく、パリの地下鉄はベビーカーが通れない!!』と、ほぼ全員に言われました。

でも、2人乗りベビーカーなしで旅行するにはカナリ大変・・・ということで、
父ちゃんが地下鉄に乗らないで移動をする方法として、見つけて来てくれました。

a0233873_1946321.jpgさて、乗ろう!となったら、あいにく、乗ろうとしたバスは満席(涙)。そこで、父ちゃんが2人乗りベビーカーとスーツケースを持って後方座席へ、わたしは子供たちと一緒に前方座席へむかい、別れて乗車しました。

しかも、次女は爆睡中(涙)。
落とさないように、しっかりと次女を抱っこしながら、急停車や急カーブで長女がずっこけないようにぎゅっと握っていたら、その光景を見ていたママさんが席を譲ってくれました。どうやら、娘さんと2人で旅行中の様子。

しかも、ママさんの計らいで、長女は、その娘さん(15歳くらい・・?)がぎゅっとだっこしててくれたんです!これにはとっても嬉しかったな~。

長女は、見ず知らずのお姉さんのおひざにちょこんとのっかって、だっこされてる状況が
とにかく緊張したようで(そりゃそうだよね)、必死にわたしに目で訴えて来たので、
ひたすら大丈夫、安心しなさい、と手を握ってあげてました。

ホテル近くのバス停まで30分ほど。
ママさんは、娘さんが長女をちゃんとだっこしているか、ずっと見守っていてくれました。
『手を組んで、ぎゅっとだっこしてるのよ』みたいな言葉をかけてくれたことも。

フランス人だったのかなあ。でもとにかくとってもとっても嬉しかった!
席を譲ってもらえなかったら、おひざにだっこしてもらえてなかったら、
相当タイヘンな思いをしているところでした。

空いている車内だったら、2人乗りベビーカーと一緒に乗車することも可能だけど、
混んでいる車内では、とにかく大変でした。

さて、そんなこんなで無事にホテルにチェックイン。

a0233873_2004332.jpgホテルでひといき着いたあとは、歩いてシャンゼリゼ通り、凱旋門へ向かいます。まずは、ホテルの近くにある、ヴァンドーム広場。・・・暗い・・・(笑)。

どんよ~りくもり空で、時折、小雨がちらほら。



みんなで一緒に(笑)、シャンゼリゼ通り、凱旋門に向かいます。
a0233873_2053636.jpg

右側には公園があり、もう少しお天気が良かったら、とっても気持ちがいいんだろうなあ。

この写真、とおーくの方に、凱旋門が小さくみえるのがわかるかな??

こんな風に、とっても横幅が広い道なので、ベビーカーでも安心。

a0233873_20914100.jpg

かっこいい・・・。
とっても画になる光景。

a0233873_2151037.jpgオランダにはないディズニーストアをシャンゼリゼ通りで発見♪ カナリの混雑っぷりだったので、ものの5分ほどくらいしか滞在出来なかったけれど、日本のディズニーストアとは違い、プリンセスのドレスがたくさん♪ 

どうやら、今年、ディズニーランド・パリは20周年だとか。来月行く予定なので、とっても楽しみ♪


a0233873_21193398.jpg

凱旋門が見えてきた~!
テンションあがる、あがる♪

a0233873_21271014.jpg

近付いてきた♪あとすこし♪

ホテルから凱旋門までは、ひたすら歩きました。
もちろん、バスに乗ることも出来たけれど、途中のシャンゼリゼ通りを歩きたかったから。

さすがパリ。世界中から観光客が集まるとだけあって、とにかく、人、人、人~!
かなりの混雑っぷりでした。
それでも、道幅がたっぷりあったので、そこまで圧迫感は感じなかったかな?
(道幅が広かったのも、途中までで、凱旋門付近は、工事中の箇所もあって、
狭かったりしたけれど)

子供たちは、というと、2人ともベビーカーで夢の中。

父ちゃんと2人で、お決まりの『お~♪シャンゼリーゼ~♪』と、小さい声で歌いながら、
(だって、日本人もたくさんいるし、ね笑)凱旋門の近くを目指してひたすら歩きます。

a0233873_21362754.jpg

到着!

ここまで、1時間くらい歩いたのかな?
でも、スリに気を付けながら、パリの街並みを楽しみながら歩いたので、
あっという間でした。

やっぱり、すごい人!

a0233873_21375563.jpg

凱旋門の前には車が走れるように道路があるんだけれど・・・・
車線がない!こんな構造で、よく事故が起こらないなあ・・・・
わたしならぜーーったいに怖くて運転出来ない(涙)。

a0233873_21404758.jpg

凱旋門の上までのぼることも可能だけれど、
わたしは高所恐怖症だし、子供たちを連れてのぼるのは厳しそうなので、
(エレベーターもあるらしいですが)下から眺めるだけにしました。
この景色がみられただけで満足♪

凱旋門にのぼって眺めるパリの景色、どんなふうにみえるんだろうなあ。

a0233873_2274246.jpgシャンゼリゼ通りを歩いていたら、ヴィトンを見つけました。

わたしはあまり興味がないので、素通りしようとしたら・・・写真を撮ってる人がたくさん!
なので、わたしも真似してパチリ(笑)。

帰国後に調べてみたら、どうやらここがヴィトンの本店だそうです。どおりでみんな写真を撮るわけだ!納得。


a0233873_22103862.jpg


TOYOTAも発見~!こんな一等地にあるなんて☆




a0233873_22115568.jpg日本でも大人気のマカロンのお店、ラデュレ

キティちゃんのディスプレイがかわいかった^^

すっごい混んでいたようです。
外から見て、レジだと思われる場所には長蛇の列が出来てました。
街を歩いていても、ラデュレの紙袋を持った人を何人もみかけました。







a0233873_2218156.jpga0233873_22183562.jpg

てくてくと、シャンゼリゼ通りを後にして、コンコルド広場を通って、ホテルに戻ります。

この、コンコルド広場、カナリ広い!ひらけた広場ゆえに、構図がとっても難しい・・・。
そして、こちらの道路も車線がない! 広場を囲むようにして道路が広がっています。
a0233873_22353527.jpg




a0233873_2222275.jpgホテルで一服した後は、歩いて夕食を食べに。

道の途中で、日本食材店を見つけたので入ってみることに♪
お惣菜パンが売っていたので、翌日の朝食用にいくつか購入しました。

その後は、サッポロラーメン2号店へ。

先月、デュッセルドルフでラーメンを食べたばかりだけど(笑)♪

わたしは、ラーメンの中で、とんこつラーメンが1番好き♪
メニューの中に、”とんこつ醤油ラーメン”なるものがあったので、オーダーしてみました。


・・・味が薄すぎた(涙)。
よくいえば、”かなりあっさり”してる。
麺はわりかし太麺でしっかりしてるんだけど、そもそもとんこつ醤油ってどういう味なんだ??


こちらのお店は、3号店まで支店があるそうです。
お店によって味も違うんだとか。

しかも、この近辺、日本人観光客向けなのか(どうかはわからないけれど)、
日本食料理店ばっかり!!

日本語ばかり書かれていて、さすがパリだなーと思いました。
日本食を食べるのに不自由はしないね♪

ホテルに戻っておやすみなさい~♪
[PR]
by nicoxnico_happy | 2012-04-07 00:00 | 2012.04 Paris | Trackback | Comments(0)